プレーンノットはネクタイの結び方の基本

プレーンノットは、もっとも一般的なネクタイの結び方です。ノットは適度に小さく、ちょっと縦長で、左右対称にならずラフに結んだ印象に仕上がります。タイの種類、シャツの衿羽根の形を選ばないので、あらゆるスタイリングに使えます。まず最初の結び方として覚えておきましょう。

手順1

ネクタイ,結び方,プレーンノット

手順1


ネクタイの表面が上になるよう首に掛けます。

手順2

ネクタイ,結び方,プレーンノット

手順2


大剣を小剣の上にクロスさせます。このとき、結び目を作る場所でノットの大きさが決まってくるので調整しましょう。

手順3

ネクタイ,結び方,プレーンノット

手順3


大剣を小剣に巻きつけるようにして……。

手順4

ネクタイ,結び方,プレーンノット

手順4


もう一度、大剣をぐるりと反対側へ。

手順5


ネクタイ,結び方,プレーンノット

手順5


首もとのループに大剣先を下から上に引き上げます。

手順6

ネクタイ,結び方,プレーンノット

手順6


大剣でできたループに剣先を上から下へ引き通します。

手順7

ネクタイ,結び方,プレーンノット

手順7


大剣を引きながらディンプルを作り、ノットの形を整えます。ここで大剣を引きすぎると、ノットのサイズが小さくなってしまうので注意。

プレーンノットの完成!

ネクタイ,結び方,プレーンノット

完成形


小剣を引いてノットを納めます。ノットは左右対称の二等辺三角形にはなりません。ちょっと曲がってるぐらいのラフな感じでいいのです。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。