摩天楼を一望するエンパイアステートビル

夕暮れをバックに立つエンパイアステートビル

夕暮れをバックに立つエンパイアステートビル

ニューヨーク観光で外せない王道スポット、エンパイアステートビル。ただの高層ビルと思って訪れてはいけません! 毎日異なる色のライトをまとう、この街のシンボルには、歴史とエピソードが詰まっているんです。訪れる前に、ちょっと知っておきたいエンパイアステートビルの情報をお伝えします。

エンパイアステートビルにまつわる数字

遠くからでも存在感大

遠くからでも存在感大

とにかく高いビル、というのは言わずもがななので、このビルのプロフィールを数字で表してみましょう。オドロキの数字からは、莫大な(当時としては)費用と労力が費やされたプロジェクトだったのがわかります。
  • 高さ: 433メートル(建物381+塔部分62メートル)
  • フロア: 地上102階建て
  • 建設期間: 1930年1月~1931年 5月
  • 建設従業者人数: 3,400人
  • 建設費: 4,100万ドル 
  • エレベーター数: 73基(オリジナルは64基)
  • 窓の数: 6,500
  • テナントのビジネス数: 1,000
  • ビル内に勤務している人数: 1日21,000人(集合オフィスとしてはアメリカで2番目の大きさ)

エンパイアステートビルの歴史

エンパイアステートビルの竣工は1931年。建設開始から1年で完成したほど急ピッチで建てられたのは、当時建設中だったクライスラービルとウォール街のマンハッタンカンパニービルの2つのビルと、世界一高いビルの座を競っていたためと言われています。また、完成したものの世界恐慌の真っ只中ということで、テナント探しには苦労したとか。そんな時代にビルを造っていたというから、あっぱれです。その後、1972年にワールドトレードセンターが完成するまでおよそ41年間、世界一の高さを誇るビルとしてトップに君臨。皮肉にも、そのワールドトレードセンターは2001年にテロで破壊され、現在エンパイアステートビルはニューヨークで最も高いビルとなっています。

展望台へのアクセス

ここは集合オフィスビルでもあるため、普通にビジネスマンが出入りしています。展望台までのアクセスで困ることがないように、予習しておきましょう。

  1. 正面入り口(五番街側)からビル内へ
  2. 右手のエレベーターから2階へ
  3. セキュリティチェックを済ませ、チケットカウンターへ
  4. エレベーターで86階、102階へ
セキュリティチェックでNGのものは、缶、瓶、ボトル、アルコール飲料、三脚などのカメラスタンドなど。該当アイテムがある場合は、ロッカー使用が可能です。

チケット

102階からの眺めたるや、圧巻!

102階からの眺めたるや、圧巻!

展望台のチケットは86階のみのアクセス(19.29ドル)と、102階とセットのもの(36ドル)とあります。商売上手……と脱帽してしまいますが、ここは迷わずセットを購入しましょう。およそ60メートルの差で、眺めも開放感も大きく違います! また、観光シーズンや祝日ともなると1時間待ちの行列ができることもあるので、エクスプレスパスもあります。86階用が41.33ドル、86&102階が55.11ドル。次の予定が決まっている人は、こちらの利用が賢明かもしれません。

※チケットには消費税が別途かかります

 

おススメの時間帯

クライスラービルの美しさは必見

クライスラービルの美しさは必見

天気の良い昼間なら、およそ100キロ先まで見えるというほど、見晴らしがいいのですが、やはり見るべきは夜景。365度ぐるりと光の海に包まれたかのように、きらめくマンハッタンを一望できるんです。ほど近くに高くそびえるクライスラービルや、縦にネオンが走る五番街、クイーンズボロブリッジなど、見所がたくさんあります。日没ちょっと前からスタンバイしていれば、空の色と光の感動的な変化に立ち合うことができますよ。なお、深夜2時までオープンしているので、ディナー後に夜景鑑賞というのもおススメです。

<DATA>
Empire State Building
住所: 350 Fifth Avenue
TEL: 212-736-3100
アクセス: 34th Streetから徒歩5分
営業時間: 8:00~深夜2:00(上りエレベーター最終は1:15)

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。