パソコンを自分で廃棄する(PCリサイクル法が適用されていない製品)

先のページではPCリサイクル法が適用されている製品を探しましたが、自作パソコンのように引取先がない場合には先ほどの検索機能の下に「メーカーが見あたらない」ボタンをクリックします。
その他窓口検索

窓口がない場合にはその下の検索機能を使う


するとまず最初に、取り扱いメーカーが変わったパソコンの一覧が表示されます。自分のパソコンがメーカー製なのにメーカー名が見あたらなかった場合には、まずここのページに記載されている無くなったメーカーを確認しましょう。
メーカー名の変わったメーカーの一覧

メーカー名の変わったメーカーの一覧


それでも自分のパソコンのメーカーがない、もしくは自作パソコンの場合には、回収申し込みボタンより回収を申し込みます。
回収申し込みボタン

回収申し込みボタンと、連絡先



回収を申し込むと、回収するパソコンの種類や点数などが確認され、それに従って入力していきます。各種申込用紙や振り込みの手続きなど全て用意してくれるので迷う事はありませんし、パソコンの中にある情報についても責任を持って消去することを明記していて、安心して廃棄できます。しかし様々な書類を書かなければいけないため面倒ではあります。

そこで次のページから、そのような手間から解放される方法を解説します。