ショートカットキーで効率が倍に?


キーボードの入力
キーボードだけでパソコンが使えるようになる
皆さんはショートカットキーをご存知でしょうか?キーを組み合わせて押すことにより、パソコンにさまざまな作業を実行させることができます。

例えば、テキストを「コピー」して「貼り付け」る場合を考えてみましょう。

マウスを使う場合、

1. マウスでコピーしたいテキストをドラッグする
2. メニューの「編集」をクリック
3. 表示されたメニューから「コピー」を選択
4. ペースト先をクリックする(カーソルを置く)
5. メニューの「編集」をクリック
6. 表示されたメニューから「貼り付け」を選択

という6つの工程が必要ですが、ショートカットキーを使うと、

1. マウスでコピーするテキストをドラッグする
2. 「Ctrl+C」を押す
3. ペースト先にカーソルを置く
4. 「Ctrl+V」を押す

という、4つの工程ですみます。

さらにショートカットキーを使うと、常に両手をキーボードに置いたまま使い続けられるので、入力作業も速くなります。元々ショートカットキーはプログラマが効率を上げるために産まれたものなので、作業が早くなるのは当たり前のことなのです。

今回はあなたの作業を、すばやく、効率的にするショートカットキーを紹介します。さりげなく使うことで一目置かれるかも知れませんよ。

<INDEX>
■基本的なショートカット
■Windows操作のショートカット
■インターネットエクスプローラ(IE)のショートカット
■(おまけ)ショートカット用キーの読み方

次のページでは、まず基本的なショートカットキーをご紹介します