ロサンゼルス旅行でアカデミー賞の気分を味わう

アカデミー賞受賞者に送られるオスカー像

アカデミー賞受賞者に送られるオスカー像

第83回アカデミー賞が2011年2月27日にハリウッド観光の中心地ドルビーシアター(旧コダックシアター)で行われます。一般の人は、会場内に入ることはできませんが、周辺に行けばアカデミー賞の雰囲気を味わうことができるので、この時期にロサンゼルスを訪れる方はぜひドルビーシアターに足を運んでみてください。

アカデミー賞とは?

アカデミー賞とは1929年に始まった、言わずと知れた映画の祭典。作品賞はじめ、主演女優賞、主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞など約20の賞があります。今までの最多受賞作品は、11個もの賞を受賞した1959年の「ベンハー」、1997年の「タイタニック」、2003年の「ロードオブザリング/王の帰還」の3作。ノミネート作品の発表は、毎年1月下旬~2月上旬に行われます。今年の発表は1月25日。詳細は、「アカデミー賞のオフィシャルサイト」をチェック。

アカデミー賞授賞式前の会場周辺

授賞式直前ここにレッドカーペットが敷かれる

授賞式直前ここにレッドカーペットが敷かれる

アカデミー賞授賞式1週間ぐらい前からドルビーシアター周辺では、アカデミー賞に向けての準備が始まります。ハリウッド&ハイランドセンターのショッピングモールの角からコダックシアターまでのハリウッドブルーバードに、大型モニター、大型ライト、特設シート、巨大オスカー像などが設置され、かなり物々しい雰囲気に。でもこの段階では道路が封鎖されることもなく、大型機材の近く以外なら一般人の立ち入りもOKです。

そしてこの期間、旅行者たちのテンションを一気に上げてくれるのが、ドルビーシアター前に敷かれたレッドカーペット。ハリウッドスターたちが歩くレッドカーペットの上を、自分たちが先に歩いていると考えるだけで楽しくなります。

アカデミー賞当日、リムジンでやって来たハリウッドスターたちが、ドルビーシアター前のハリウッドブルーバードで車を降り、このレッドカーペットの上を歩き、会場内に入って行きます。アカデミー賞授賞式直前ですと、そのレッドカーペットの上で、ハリウッドスター気分で記念撮影をすることができるのです。

アカデミー賞授賞式当日の会場

一般人立ち入りOKエリアからの撮影

一般人立ち入りOKエリアからの撮影

アカデミー賞授賞式当日は、ハイランドアベニューからルーズベルトホテルまでのハリウッドブルーバードは通行止めに。これは車道だけでではなく歩道も同じで、一般の人は入ることはできません。

その立ち入り禁止エリアに、ハリウッドスターが乗ったリムジンが次々と到着し、ドルビーシアター前で車を降ります。この降りる姿を、遠くからでもいいから一目見ようと訪れた人たちで、この周辺の道路はあふれかえります。

一般の人が入れるエリアの最前列にいれば、リムジンから人が降りたことは分かりますが、小さすぎてそれが誰かまでは確認できません。でも大丈夫! なぜなら、周辺の大型モニターには、到着したスターたちが次々と映し出されるからです。直接見えなくても、近くにいてモニターを見ていると自分の目で見た気になってしまうから不思議です。

 

ハリウッドスターを身近で見ることができる無料シート

特設シートは厳重に警備されたコダックシアター前で

特設シートは厳重に警備されたコダックシアター前で

実は、このハリウッドスターたちを一般の人でも近くで見ることができる方法が1つだけあります。それは、特設シートの抽選に当たればいいんです! 特設シートはリムジンが到着するエリアに設置され、ラッキーな700人がそのシートに座ることができます。料金は無料。

抽選はかなり早く、なんと前年の9月に行われます。しかも、応募期間はたった1週間、応募は1人1回までで、チケットはペアでの当選。次回は、来年は9月になりますが、興味のある人はこちらを「アカデミー賞の抽選ページ」をチェックしてみて!

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。