安奈 淳

あんな じゅん
愛称 オトミ・ミキ
1965年入団 初舞台『われら花を愛す』『エスカイヤ・ガールズ』
1978年『風と共に去りぬ―スカーレット編―』にて退団

■星組
1970年
『僕は君』(大原ますみ)
『ジプシー伯爵』『恋人たち』(大原ますみ)

1971年
『星の牧場』『オー!ビューティフル』(大原ますみ)
『我が愛は山の彼方に』『マイ・ブロードウェイ』(大原ますみ)

1972年
『愛のコンチェルト』(大原ますみ・衣通月子・沢かをり)
『美しき日本』『さすらいの青春』(衣通月子)
『花の若武者-弁慶と牛若-』『アラベスク』(衣通月子)

1973年
『花かげろう』『ラ・ラ・ファンタシーク~あなたに宝石を~』(大原ますみ)
『この恋は雲の涯まで』(大原ますみ・衣通月子)
『浮舟と薫の君』『ゴールデン・サウンド』(大原ますみ)

・ 星組時代は鳳蘭と共にWトップと言われる。

■花組
1974年
『虞美人』(松あきら)
『アン・ドウ・トロウ-ファンタジア・タカラヅカ-』(上原まり)

1975年
『夢みる恋人たち』『ボン・バランス』(千草美景・大空美鳥)
『ベルサイユのばら~アンドレとオスカル』(上原まり)

1976年
『あかねさす紫の花~大海人皇子の章』『ビューティフル・ピープル』(上原まり)
『うつしよ紅葉』『ノバ・ボサ・ノバ』(上原まり)

1977年
『朱雀門の鬼』『ル・ピエロ』(上原まり)
『宝舞抄』『ザ・レビュー』(上原まり)

1978年
『風と共に去りぬ~スカーレット編』(麻月鞠緒・榛名由梨・鳳蘭)*

・ 花組時代、最初は榛名由梨と共にWトップ、『うつしよ紅葉』『ノバ・ボサ・ノバ』より単独トップに。

( )は相手役を務めた娘役
*は男役


<関連記事>
宝塚歌劇団 トップスターの変遷


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で宝塚のCD・DVDを見る

Amazonで宝塚のDVDを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。