ピエール・マルコリーニ

ピエール マルコリーニ氏

ピエール・マルコリーニ氏

ピエール・マルコリーニ氏は1964年ベルギー生まれ。ブリュッセルの“WITTARMER”(ヴィタメール)、 “Mahieu”で修行を重ねた後、1994年にショコラティエとして独立。

1995年にはクープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー(菓子の世界大会)で優勝し、その後も数々の受賞歴を持っています。

ベルギーのショコラティエの中でも、新鋭と呼ばれていましたが、今ではベルギーを代表とするショコラティエといえます。

またマルコリーニ氏のショコラのこだわりは、カカオ豆の仕入れをすべて自分の手で行われていることからも伺えます。
自ら中南米などのカカオ農園まで足を運び、ショコラの原料となるカカオ豆を選別されています。
調合、焙煎や精錬、すべてに至り自分の手で行いクーベルチュールを作り上げています。
プラリーヌ ハート型の“クールフランボワーズ”は、ホワイトチョコレートの中に甘酸っぱいフランボワーズのガナッシュがはいっています

プラリーヌ ハート型の“クールフランボワーズ”は、ホワイトチョコレートの中に甘酸っぱいフランボワーズのガナッシュがはいっています

人気のプラリーヌを見ても、それぞれ味が異なりメリハリがありバリエーション豊か。

ベルギー国内をはじめ各国に進出し、全世界で16店舗構えています。
2001年に銀座に出店してから、あっという間に「誰もが知っているチョコレート専門店」としての地位を築きました。その後、羽田空港店、GranSta店、名古屋店をオープン。

また、本国にもない日本オリジナルの商品も次々と発表されています。
新業態の店舗もOPENしたのでご紹介しましょう。