このほか、日本では珍しいカメルーン料理店「オー・ビレッジ」。この店には、以前はよく訪れていたが、日によって味が異なるときがあり、最近では足が遠のいてしまった。とはいえ、カメルーンの家庭料理を気軽に楽しみたいときにはよいだろう。

スタイリッシュに盛られるアフロフレンチ料理

スタイリッシュに盛られる「トライブス」のアフロフレンチ料理

あとは、神楽坂にある「トライブス」。アフロフレンチと称し、フレンチスタイルのアフリカ料理を提供する店だ。美しく盛られた料理にはこだわりが感じられるものばかり。雰囲気がぐっとオトナ向きで、珍しいアルコール類にも出合えるとあり、ワタシは2軒目に利用している。個人的には、料理の量がもう少し増えてくれると嬉しいなぁと思うのだけれど。

都内ではまだ少ないけれど、エジプト料理店にも目を向けたい。四谷の「エル・サラーヤ」に、目黒&2010年10月に西麻布にも店を構えた「ネフェルティティ」。前者は家庭的な料理をアットホームな雰囲気で、後者はホテル出身のシェフたちが手掛け、店舗によってゴージャスまたはカジュアルに愉しめる雰囲気を演出する。双方とも一長一短だが、ぜひともエジプト料理店を牽引していただきたいお店である。

テイクアウト専門店になってしまうが、エジプト料理を販売する「うちむら」。こちらもワタシが気にいっているお店のひとつ。店に足を踏み入れるだけで、肩のチカラがすっとぬけ、料理を口にすると、ほっこりとしてしまう。庶民的な街に佇んでいるのもいい。近くを訪れた際は、ぜひ立ち寄ってみてください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。