口コミをきっかけに爆発的な人気となった抱っこ紐、エルゴベビー。赤ちゃんの体重を、両肩と腰にバランス良く分散させる構造は、全く新しい抱っこ紐のスタイル。今なお、大人気のエルゴベビーについてご紹介します。


両肩と腰に体重を分散させるから、抱っこもおんぶもラクラク

エルゴベビーはハワイ生まれ

エルゴベビーはハワイ生まれ

エルゴベビーは、自身の育児経験を通して「育児をしていてもいつもアクティブに過ごしたい。赤ちゃんにもパパ・ママにも楽で、スタイリッシュな抱っこ紐」としてハワイ在住のカリン・フロストさんが開発・デザインをし、今日に至ります。エルゴベビーがこれだけ人気となったのには、大きく分けて5つの理由があげられます。

  • たっぷりと厚みのある肩ストラップと幅広の腰ベルトで、効率的に体重を分散
  • 対面抱き、おんぶ、腰抱きのほか、新生児の抱っこ(別売りのインファントインサートを併用)から長く使えるマルチ&ロングユース性
  • 豊富なカラーバリエーション、自由なサイズ調節機能で、男女兼用デザイン
  • シンプル設計で装着方法が簡単

この5つの特徴だけでも、抱っこ紐に求められる機能はほぼすべて網羅していることがわかります。でも、やはり一番支持されているのは「子供を乗せたときの楽さ」でしょう。これまでにも数々の抱っこ紐がありましたが、これほどまでに「腰ベルト」の存在感があるものはありませんでした。登山などをされる方ならよくご存知でしょうが、アウトドア用のきちんとしたリュックサックには腰ベルトがついています。ときには10kgを超える荷物を背負いながら体を動かす登山は、赤ちゃんを背負っての移動とよく似た行動。アウトドアで一般的な「肩と腰へ重量負荷を分散させる」という腰ベルトの意義が、おんぶや抱っこでも有効なのは当然とも言えるのかもしれません。

では、エルゴベビーの機能性について、細かく見ていきましょう。

>>ラクラク抱っこの秘密は、ベルトの形状