変更登録手続き

自動車の登録手続きと聞けばたいていの方は「運輸支局等は不便なところ……」と思われるのではないでしょうか? その通りかもしれませんが所詮は管轄地域内にある運輸支局。狭い日本! ここは重い腰を上げてぜひ出向いてみましょう。※対象となる自動車は軽自動車、小型二輪自動車及び小型特殊自動車を除くすべての自動車です。なお、軽自動車等もそれぞれの制度に基づき手続きが必要です。詳しくは関連リンクへ。

引越し、変更手続き
※適用されないケースもありますので、詳しくは運輸支局へお尋ねください。
※ナンバープレートの交付を受ける場合は、自動車で出向く必要があります。


番外編~この際希望ナンバーを取っちゃおう!

義務づけられているとはいえ、警察署そして運輸支局等と結構時間がかかりそう。面倒ついでに希望ナンバーを取るなんてことを考えてもいいかも。運輸支局等に近接してある「希望ナンバー予約センター」の窓口や、インターネットから申込みができます。

人気のナンバーは「1」、「7」、「333」「555」「777」「888」「1111」「3333」「5555」……、など。
ただし上記のナンバーほか希望者が多いナンバーは抽選となります。これら希望ナンバーを取得する場合は、交付手数料が通常よりかかること、ナンバープレートが交付できる日まで待つことは覚悟しなければなりません。

【取材協力:国土交通省】

関連リンク


・全国の運輸局、運輸支局等はこちらから→全国運輸支局等のご案内
・自動車登録手続に関するお問い合わせはこちらから→(財)自動車検査登録協力会
・軽自動車に関するお問い合わせはこちらから→軽自動車検査協会
・小型特殊自動車、原動機付自動車に関するお問い合わせはこちらから→全国自治体


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。