史上稀に見る華やかさと大混戦

国内外のGTマシンが異種格闘技戦を展開する人気レース、「SUPER GT」。2010年シーズンは最高峰のGT500クラスにホンダのニューマシン「HSV-010 GT」が加わり、GTの歴史の中でも際立って華やかなシーズンになりました。

また最終戦のツインリンクもてぎ戦まで白熱のチャンピオン争いが展開され、GT500クラスは9チーム、GT300クラスは6チームが覇権を争うという大混戦ぶりに。特にGT500クラスはホンダ、レクサス、ニッサンの3大メーカーのマシンがレギュレーションに合わせたFR車になったことで、毎レースごとに激しいバトルが見られるという非常にエキサイティングなシーズンになりました。

GT500クラスのチャンピオンに輝いたのは
「#10 ウイダーHSV 010 GT」(小暮卓史/ロイック・デュバル)

【SUPER GT.net】

ウイダーHSV-010 【SUPER GT.net】

 

ホンダがNSXの後継車両としてGT500に投入した、ベース車両が市販されていないGTカー「HSV 010-GT」。開幕戦の鈴鹿では3台によるHSV同士討ちが発生するなど、あってはならないアクシデントに見舞われたものの、シーズンがすすむにつれて、HSVのポテンシャルは向上。ホンダ陣営は常に優勝を狙う姿勢を見せ、最終戦のツインリンクもてぎ戦では2位でチャンピオン確定という状況であるにも関わらず、首位のレクサスSC430をテールトゥノーズで追い回すアグレッシブな姿勢を見せました。

これにより「フェアレディZ」「レクサスSC430」「ニッサンGT-R」に続いて、GT500クラスではまたもやデビュー初年度のマシンがチャンピオンを獲得となりました。

TOMICA Z

TOMICA Z 【SUPER GT.net】

また、GT300クラスではウェイトハンデ無しのガチンコ勝負となる最終戦で「ハセミモータースポーツ」が走らせる「#3 TOMICA Z」が独走で優勝を飾り、大逆転のチャンピオンに輝きました。ドライバーの星野一樹、柳田真孝ともに日産系の大物ドライバーの息子であり、チーム監督は元日産ワークスドライバーの長谷見昌広。ニッサンのGT500体制が縮小されたため、GT300にステップダウンせざるを得なかった今シーズンを最後は優勝&チャンピオン獲得で締めくくりました。来年は再びGT500に登場してもらいたいものです。

次のページでは今年の「SUPER GT」の主なトピックスを振り返ります。