初夏の結婚式に参列する際に気をつけるべき、服装マナー。結婚式での肩出しはNG?」「つま先が出ているサンダルOK?」など、あなたの疑問をここで解決します!

昼間の装いでは、肩出しNG!

ノースリーブには、ストールやボレロで肌を隠せば、昼間の装いでもOKです

ノースリーブには、ストールやボレロで肌を隠せば、昼間の装いでもOKです

肌を露出するドレスはおすすめできません。たとえばノースリーブのワンピースには、ストールやボレロなどで肌を隠します。また光る素材、透ける素材は避けるほうがよいでしょう。またアクセサリーも控えめにします。帽子をかぶるなら服と合わせたものに。つばのあるものは室内では取るのがマナー。

夕方から夜にかけては、肩出しOK!

華やかさがポイント。胸や背の開いた袖なしロング丈やサテンなどキラキラ素材でもOKです。また昼間に比べるとカラー、デザインも比較的自由です。ただし挙式に参列する時は、ストールやボレロなどで肌を隠すのがマナー。

つま先が出ているサンダルは、露出が少なければOK! 

夏のパンプスは、露出の少ないオープントウなら涼しげなイメージです

夏のパンプスは、露出の少ないオープントウなら涼しげなイメージです

夏の結婚式では、サンダルでの出席も認められる傾向にありますが、露出の高いものは避けたほうがよいでしょう。オープントウのパンプス(前の先っぽが少しあいているパンプス)なら、涼しげな感じですっきりとおさまります。

迷った時はパンプスなら間違いありません。シルバーやゴールドといったカラーで華やかな色合いをチョイスしてみましょう。ヒールはどうも苦手だという場合は、ローヒールでもエナメル素材やりぼん、光る石などの飾りのあるものを選べばよいでしょう。

素足にミュールはNG!

まず素足は絶対にいけません。ところ変わればドレスコードも違ってきますが、フォーマルな披露宴の席では、薄手のストッキング着用が基本です。素足にかかとがなく、ぺたぺたと歩く姿を思い浮かべてください。決してエレガントとはいえませんね。二次会など、よほどカジュアルなスタイルのパーティなら許せるかもしれませんが、やめておくのが正解です。

陽射しの強い屋外では、つばのあまり広くない帽子でOK! 

つばのない小ぶりのものか、つばのあまり広くないものがおすすめです。また帽子と手袋はセットで使うのが正式マナーですので、忘れずに手袋も用意してください(手袋は着用せず手に持つだけでも大丈夫です)。ただし日傘は使わないほうが無難です。

ブランド物のバッグは、小ぶりのバッグでエレガントならOK! 

シルク製やガラスビーズ、スパンコールなど光物で華やかさを演出しましょう

シルク製やガラスビーズ、スパンコールなど光物で華やかさを演出しましょう

最近はブランド物のバッグを持って会場へ来られる方が多いようです。NGとまではいきませんが、小さめでエレガントさがあるかどうかです。どのブランド物でも最低限、フォーマルなバッグかどうか見極めることが大切。小ぶりのブランドバッグ=フォーマルなパーティバッグでは決してありませんから注意すること。

またブランド物だからといって、カジュアルな街歩き用のバッグでは礼装には合いません。布製やビニールももちろんカジュアルすぎです。シルク製やガラスビーズ、スパンコールなど光物で華やかさを取り入れてみたり、また落ち着いた皮製のフォーマルバッグなどがよいでしょう。

<関連リンク>
「結婚式の服装マナー」常識度チェック!
結婚式の服装マナー(女性・洋装編)
・結婚式の服装マナー(女性・和装編)
結婚式の服装マナー(男性編)
画像提供:ムトウ On-line shop 「ファッション通販のRAPTY」

【編集部からのお知らせ】
お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12(水)から1/21(金)まで、10日連続で配信中!
茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金、マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
1日目2022年12星座の金運総覧! あなたはお金が貯まる体質? 投資がうまい体質?」を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。