画面をクリックするだけで、すべての機能にアクセスできる簡単操作

m2TVに付属する地デジ視聴・録画用ソフトウェア「m2TV」もMacらしくユニークなデザインになっています。

主に映像再生用のウインドウのみで、コントロールはウインドウの中をクリックして出現するボックス型のコントローラで操作します。半透明のウインドウで録画ライブラリの操作、チャンネル切り替えなどが行えるのは、Macならではの特徴。番組情報などの表示もカッコイイ。
コントローラを閉じるには、メニュー以外の領域をもう一度クリックすればOK。メニューの操作は最近のMacに付属するAppleRemoteでも行えます。なお、iPhone/iPod touchをもっているなら、TVRemoteというアプリも使用可能です。

コントローラを閉じるには、メニュー以外の領域をもう一度クリックすればOK。メニューの操作は最近のMacに付属するAppleRemoteでも行えます。なお、iPhone/iPod touchをもっているなら、TVRemoteというアプリも使用可能です。

 

予約録画もばっちり対応。最新版ではMacのスリープにも対応!

「m2TV」は予約録画にも対応しており、最新版のサポートソフトでは、スリープしている状態からの録画にも対応。とりあえず予約録画を成功させるには、Macの電源をオンにし、スリープしておきます。
→サポートソフトのダウンロード

 

録画したデータはムーブには非対応。Mac本体を買い替えたらもう見られなくなるので注意

m2TVで録画したものは、現時点ではDVDに焼いたりすることはできません。Mac本体にCPRM対応ドライブを接続しても無理。また、2台以上のモニタが接続されているとm2TVを起動することができなくなるので注意しましょう。

ライバルのCaptyTVは、Macを買い替えてもライブラリを移動できたり、やマルチディスプレイ状態でも視聴(メインモニタのみで視聴が条件)ができるので、もう少しがんばってほしいところです。

 【関連情報】

地デジ対応TVキャプチャ m2TV
m2TV 仕様表



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。