日本に比べて頻繁に起こるフランスのスト

TGV

最も頻繁にストが起こる国鉄SNCF

フランスは日本に比べ、スト(grève=グレーヴ)やデモ(manifestation=マニフェスタスィオン)が本当に頻繁に起こる国。その種類は国鉄やメトロ、空港などの交通機関から教職員、美術館、郵便局と数多く、中には旅行者にも影響の出るものもあり、私たち外国人でも無関心でいることはできません。ストは労働者側が労働条件に不満を持った時の最終手段として行われるので、決まった時に定期的に起きるものではなく、予測不可能なもの。 

ただ国鉄SNCFのストはかなり頻繁に行われており(約1~2ヶ月に1回の頻度で3~5割減行)、パリと地方、また地方同士を結ぶ鉄道は全てSNCFによる運行なので、ストの時期にフランスに来る人の足に影響が出ます。 パリのメトロやバスを運営する交通公団RATPも、SNCFほどではないにしろ数ヶ月に1回はストがあり、その際も3~5割が減行。その他の機関のストに関しては、数年に1回という感覚です。ここでいう1回とは基本的に1日ですが、2010年の年金法改正や2006年の初期雇用契約(CPE)といったような政府決定案に反対する大規模な動きがある場合は、状況により1週間から1、2ヶ月にわたり続く場合もあります。

最低限のサービスは保証

一方で、ストに対する対応が少しずつ改善されているのも事実。2008年にサービス・ミニマム制度が導入されたことにより、最低限のサービス・交通(約5割)は確保されるようになり、SNCF、RATPなどの交通機関を含め全く機能しなくなるということがなくなりました。

交通以外でも、全面的な閉鎖はなく部分的に運行されており、例えば国立美術館員のストでは、オルセーは閉館していましたが、ルーブルの一部入口は開くといった対応がされています。ストによる完全な閉館は基本的に1日で、数日続くということは今までのところありません。

情報収集が鍵

ルーブル

国立美術館でも稀にストが起こる

ストがいつ起きるかを数ヶ月前に知ることはできませんが、フランスの法律では、ストを起こす5日前までに事前予告をすることが義務づけられています。が、旅行者ではなかなかそれぞれの情報を把握するのは難しいのも事実。

空港やSNCF、RATPなど旅程の要となる交通機関のスト情報は、各サイトのトップページに表示されるので、利用する前に確認しておくといいでしょう。日本でもニュースになるような大規模のストとなると労働組合CGTのホームページや、現地のニュースで最新情報を得ることができます。なお、在仏日本大使館や外務省のHPでも概要的な情報を随時更新しています。

 

ストへの対応も準備しておこう

事前にストがある情報を得た場合、まずはその会社や機関に直接問い合わせるのが最も確実。国鉄SNCFならば、前日に翌日の運行スケジュールが決まるので、自分が乗る予定の電車が予定通り運行するのか、しない場合の振り替えや払い戻しも対応してもらえます。予定を大幅に変更する可能性を考え、あらかじめ複数の移動ルートを考えておくことも必要です。

■スト関連の情報が得られるサイト
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。