街道に近い目黒区の住宅密集地の一画。建築面積わずか15坪の狭小住宅。「これまで設計してきた中で、都内では一番厳しい予算と工期でした」と建築家の高安重一さんがおっしゃる、超ローコスト住宅を拝見しましょう。

アプローチの奥の急勾配の屋根


写真をクリックすると次の写真に進みます
外観
上/前面道路から玄関まで6mの長いアプローチ。外壁と屋根はガルバリウム鋼板仕上げ。* 中/夜は玄関や奥のリビングの暖かい光が洩れてくる。* 下/玄関は2階の先端から90cm奥まっている。 *=写真提供:アーキテクチャー・ラボ


道路から眺めると、ミニクーパーなら2台縦列駐車できそうなくらいのアプローチ。その向うに、雁行した片流れの屋根をもつ縦に細長い家が見えます。建築面積はわずか15坪の狭小住宅。しかし一歩足を踏み入れるや、その外観の印象からは想像もできないユニークな空間が待っていました。

◆建築家プロフィールと建築データ