1:完成前の新築物件なら、ムダなく引っ越しできる可能性大

新居の家賃は、基本的に契約した日から日割り家賃が発生します。また、物件の申込みをしてから契約までの期間には入居審査があり、通常1~2週間ほどで審査結果が出ます。

未完成の新築物件で・入居予定まで申し込み日から1~2ヵ月以上ある物件なら、新居の入居に合わせて旧居の解約日を決定することができるため、二重家賃を1日も支払わないようにすることも可能です。

二重家賃2

新居の入居可能日が、申込から1カ月以上あれば、退去予告をしてから無駄なく新居に引っ越すことができる



2:中古物件でも、入居できるまでに日数がかかる場合

中古物件を契約する場合、まだ前入居者がいたり、リフォームに時間がかかる場合には申込みをしても入居するまでに日にちがかかることもあります。このケースなら入居可能日によっては二重家賃を支払う期間を短くすることができます。

ただし、前入居者がいる物件を契約する場合は要注意。図面上の情報だけでなく、実際目で見てしか確かめられないこともありますので、可能ならば前入居者が退去してから契約することをおススメします。とはいえ、不動産会社や大家さんにしてみれば1日でも早く次の入居者を決めたいもの。もし、他にこの部屋を借りたいという人がいれば、その人が優先されてしまい、前入居者が退去するまで部屋を抑えておくことができません。部屋を見ないで契約するか、それとも見てから契約できる物件に変更するか。いずれか選択しなければならないでしょうが、契約を待ってもらえるかどうかも相談してみるといいかもしれません。

>>>二重家賃がいちばん多く発生してしまうのは・・・?