ドバイの物価と旅の予算

レシート

VAT(付加価値税)も加わったレシート

VAT(付加価値税)も始まりTAXフリーではなくなったドバイ。日本で飛び交うドバイに関する噂……お金持ちの住む国、物価が高い……本当のところはどうなのでしょう?

日本の物価と比べて、いったいどのくらい違うのか、ドバイ旅行の予算はどれくらい用意すればよいのか、ここでは平均的なドバイの物価と旅行の予算をご紹介したいと思います。あくまでも目安としてご参考にどうぞ。

 

3泊5日のドバイ旅行の予算目安

ドバイモール

買いたいものはすべてここで揃う!?

 

個人旅行や完全フリープランでドバイ旅行をお考えの場合、ドバイは滞在するホテルや訪れる観光スポット、レストラン、スパなどによっても大幅にかわってくるのですが、まずはドバイ国際空港で3~5万円分くらいをディルハム(1,000~1,500ディルハム)に両替しておけば十分かと思います。

レジ

レジに並ぶ買い物客

ドバイでは、ほとんどのホテル、レストラン、ショッピングモール、スパなどでクレジットカードが利用できます。現金が必要なときには、路面の両替所、大きめのショッピングモールなどでも両替できるのでご安心を。

万が一UAEディルハムを現金で必要になった際に近場に両替所が見つからない場合でも、街の至る所に設置してあるATMでキャッシングなども簡単にできます。

ドバイで高いもの、お得なもの

ドバイの物価

日本では高価な南国フルーツが安い!

ドバイでは日本よりも意外と、お手頃なものが多くあります。スパイス、ナッツ、デーツ(ナツメヤシ)などのドライフルーツ、紅茶などが代表的なものでしょう。日本では高価な南国フルーツのマンゴー、ランブータン、パパイヤ、ざくろ、ナツメヤシなども安価なので、ガイドも滞在時には現地のスーク(市場)やスーパーで購入してたっぷりと頂きます。
ドバイの物価

お土産で喜ばれるカラフルで香り高いスパイス!

スパイスやナッツ類にいたっては、日本の市場の半額以下で購入可能なことも。しかも、新鮮で種類も豊富なのが嬉しいです! またガイドのイチオシとしてレストランで是非注文してほしいものに、ロブスターやハタハタなどの高級魚介類があります。場所にもよりますが、多くは日本の半額以下の価格で楽しめるのでおすすめです。

カクテル

ドバイで乾杯!

一方逆に、支払う前に確認してほしいもののには、シャンパン等の高級なイメージのあるアルコール類。ご褒美旅行や新婚旅行の多いドバイならではの醍醐味といえるシャンパンなのですが、ワインが1杯20~40ディルハム(600~1,200円)くらいで注文できるのに対して、なんとシャンパンは1杯約130ディルハム(約3,900円)! そして日本酒も、場所にもよるのですが、徳利1本分の値段と思い注文してみると、おちょこ1杯しか出てこないなんていうこともよくある話です。また、VAT(付加価値税)の導入によりスーパーなどでコーラや栄養ドリンクなどを購入したら100%の税金が掛かっていたなんていうこともありますので、お支払い時にはお気をつけてください。

最後に、ドバイの庶民派スーパーマーケット『ユニオンコープ』での購入価格(2018年5月4日現在)を一部ご紹介します。

生活用品
  • 柔軟剤 ダウニー(1L 8.25ディルハム/約247円)
  • 洗濯洗剤 ARIEL  (1L 19ディルハム/約570円)
お菓子
  • ポテトチップス プリングルス(1本 8.65ディルハム/約259円)
  • スニッカーズ (1本 2.31ディルハム/約69.3円)
  • ハーゲンダッツ (90g 8.40ディルハム/約252円)
飲物
  • 水 Al ain (500ml 1ディルハム/約30円、1.5L 1.5ディルハム/約45円)
  • 牛乳 (1L 6.72ディルハム/約201円)
  • ポカリスエット (500ml 4.15ディルハム/約124円)
  • コーラ(500ml 3.15ディルハム/約94.5円)
  • レッドブル (250ml7ディルハム/約210円)
食品
  • パン1斤(525g 5.51ディルハム/約165円)
  • 卵  (6個入り 4.73ディルハム/約141円)
  • 卵(6個入り オーガニック 20ディルハム/約60円)

全てにVAT(付加価値税)5%が加算されるのと、炭酸飲料やエナジードリンクには100%の付加価値税が掛かるので、支払い時にレッドブルは14ディルハム、コカコーラは6.30ディルハムとなります。免税天国ドバイは終わったのだと思い知らされます。


それでは、ホテルの宿泊費からご紹介しましょう!>>>ドバイのホテル宿泊費
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。