小泉今日子が嫉妬されるほど少女である理由

肝の据わった女性、実力のある女優でありながら、永遠のアイドルでもある、小泉今日子さんは数カ月前に行ったインタビューでこう語っていた。

「自分の核の部分、心のいちばん奥にある、少女時代の記憶とか、少女性を、大切に可愛がってあげること。そこは誰にも見せないけど、自分だけは忘れずにいたいなって。

たとえば、お洋服のボタンを縫いつけている時や、庭の雑草を草むしりにしている時に、そういう気持ちを思い出すの。土を触りながら、自分のヒザとアリンコを見ていると3歳児に戻った気がして。この庭の雑草を全部取ったら、心の真ん中にいる少女もお手入れできている気がして嬉しいし、不思議と自信もつくんですよね」 (MAQUIA 2010年11月号)

自分のなかの「女子」を満たす

女の子

ロジカルに考え、行動する仕事モードを離れ、体を動かしてみる。損得を考えずに動いてみる

恋が遠のいたら、まずは、自分の“女の子”取り戻すこと。まずは、自分の中の“女性性”や“女の子”に水をあげること。女性はお花だ。だから、仕事がいくら好きでも、荒れた生活をして肌や髪やネイルがボロボロだと自然と落ち込んだり、泣きたくなってしまう。自分の中の女の子が満たされていないから、自分が枯れてしまいそうな感覚になる。だから、ネイルサロンやエステで応急処置をしたりもする。(あくまで応急処置だけど)。

恋をすることも“女の子”に水をあげることになるだけど、潤っていない女の子(花)に、恋は吸い寄せられないのも現実。だから、恋をする前に、他の方法でも水をたっぷりあげておきたい。

“女の子”である効用は、恋を引き寄せる他にもある。小泉さんは、キャリアアップすれば、社会の中で年下をひっぱる立場になっていくし、時には、強い口調や戦闘態勢を持つ必要もある。そんな時に、「自分の中の“女の子”を知っていると助かる」と語っていた。恐くて強い人になり過ぎずに済むし、「たとえ、行き過ぎても、翌日、謝れるから(笑)」と。たしかに、その通りだ。

「女子」はあくまでも自分のなかに留めおく。表向きは「女」であること

とはいえ、自分の中の少女心をわざわざ、他人にアピールしないし、する必要はない。それはいやらしいし、出し方を間違えれば、周囲を困らせる。25過ぎても、10代のように可愛くて無邪気な女の子ぶりを前面に出してアピールされても、それはそれでオバさんっぽいし、大人の女性としての魅力(知性や包容力など)すらも消えてしまうので要注意。 “女の子”である意識はあくまで自分の中で大切に育つもの。意識が変われば、それは自然とにじみ出る。すると、引き寄せる恋も、相手も変わっていく。

冒頭の30代半ば知人美女のお悩みについて、心の中の“女の子”を開放して考えてみる。もしも、素直で幸せな女の子だったら――自分から、四の五の言わずに素直に彼に電話しちゃう。「来週、また、遊んで」と電話して、それで色よい返事がなければ、「あっそ」と向こうを向いて、別な人や興味の対象を探していい。女の子とは、それくらい、軽やかで身勝手で楽しそうな生き物なのだ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。