歌とリズムが一番!

子ども

子どもの英語は楽しく、遊びを通してが鉄則。

子どもへの英語教育は「遊びを通して」が鉄則。真面目に英会話から教えようとしても無理です。ベストな方法は歌とリズム。車の中でBGMとして聞かせておくと知らないうちに覚えてしまいますよ。英語の歌のCDは大手書店(丸善、紀伊国屋、三省堂など)に置いてあります。マザーグースも聞き慣れた音楽が多いのでオススメです。

プロの英語教室の先生は少なくとも100曲は丸暗記していて歌えます。子どもたちは何曲くらい覚えていると思いますか? すごい数ですよ。その中でも歌詞をすべて歌えるようにしておきたいと思う歌があります。クリスマスソングはぜひ! ジングルベルが英語で歌えるようになるといいですね。私の生徒の一人が小学生の時にジングルベルを完ぺきに歌えるようになっていました。彼女は友達から「ねぇ、英語のジングルベルを歌って」とせがまれるくらいでしたね。大人になった彼女は美容師になりましたが、今でもジングルベルの歌は英語で全て歌えます。それもきれいな発音で。子どもの頃に覚えたままが残るのでしょうね。
 

音声付き英語絵本で感性豊かに!

英語絵本

英語の絵本はストーリーを楽しんで

子どもたちは絵本が大好きです。英語であっても日本語であってもそんなことは全く関係なく、素直にストーリーを楽しんでいます。子どもの英語教育では英語絵本をテキストのように使っていますが、新しい本を読むときに必ずやっていることは、「一気に最後まで絵本を読む」ことです。数ページ読んで「今日はここまで」というレッスンスタイルはせっかくの子どもの想像力を止めてしまいますね。英語絵本はストーリーを楽しんで子どもの想像力に任せるほうが良い成果を生みます。

家庭ではお母さん、お父さんに読んでもらうのが一番良いですが、ネイティブの発音を聞かせたいときや効果音でドラマティックに聞かせたいときは、CD付きの英語絵本を選ぶとよいと思います。
 

おもちゃで遊ぶアルファベット

1~3歳位の子どもたちへの英語学習用のおもちゃを購入したいなら、比較的安価に購入できるトイザらスがよいでしょう。アメリカの教育玩具会社のリープフロッグ社のおもちゃでしたら、幼児教育をよくリサーチして作っていますから安心して使えます。数年前、私はサンフランシスコのリープフロッグ本社を訪問して見学して来ました。細かいリサーチ、幼児教育、言語学者、英語教育者などがチームを編成して一つのおもちゃを完成させていました。子どもには良いおもちゃ、安全なおもちゃを与えたいですね。1~2歳でしたら押したり叩いたりしたときにアルファベットの音が出るもの、英単語の音が出るものがいいでしょう。反応のあるおもちゃは飽きませんね。


>> 毎月届く幼児英語教材は手間入らず!