自然乾燥とドライヤー 髪にいいのはどっち?

正しいドライ方法でつや髪に!

正しいドライ方法でつや髪に!

間違った方法で髪を乾かすと、髪を傷める原因になってしまいかねません。正しい手順で乾かせば、髪は健康的でツヤのある状態をキープすることが可能。まずは、洗髪後のタオルドライからハンドブローまでの手順を覚えましょう。

「ドライヤーで髪を乾かすと傷むので、洗髪後は自然乾燥のほうがいい」と思っている人もいると思いますが、それは大きな間違い。髪が濡れていると、キューティクルが開きっぱなしとなりダメージを受けやすい状態になるため、そのまま長時間の放置はNG。また、枕とこすれて傷んだり、汗や皮脂と混ざって雑菌が繁殖して臭いの原因となることも。

正しくドライヤーを使えば、髪は痛みません。毛先にふんわりカールがついたナチュラルストレートを例に、まずは基本の濡れ髪ドライ方法をマスターしましょう。


洗髪後の濡れ髪ドライ方法

1. 髪の水分をしぼる

1. 髪の水分をしぼる

1. 髪の水分をしぼる
タオルドライする前に、しっかりと水気を手で絞ります。

 
2. 根元の水分を取る

2. 根元の水分を取る

2. 根元の水分を取る

乾きにくい根元はタオルで水分を拭き取ります。地肌はこすらずにつまむように意識して。

 

3. 叩いて水気を取る

3. 叩いて水気を取る

3. 叩いて水気を取る
タオルでポンポンと押さえるようにして、水分を取ります。

この時髪の毛同士をこすり合わせると、キューティクルがはがれて髪の毛を傷める原因になるので注意!