おやつの与え方

おやつの与え過ぎを避けるためにも、1日に与えるおやつをあらかじめタッパーなどの入れ物に入れておき、中身がなくなったらその日はそれ以上おやつを与えないなど、ちょっとした決まりごとをつくっておくといいと思います。

ジャーキーなど細かくできるおやつはなるべく小さめにカットして、あげる回数を多くするのも一つの方法です。逆に、アキレスボーンやガムなど1つのもので長時間楽しめるおやつをあげるのもいいでしょう。ただし、アキレスボーンの類いは脂肪分も多いので、毎日与えるのはちょっと考えもの。いろいろなタイプのおやつをランダムに組み合わせて、いろいろな楽しみを与えてあげるのがいいのではないでしょうか。

楽しみという観点からは、おやつを中に仕込めるタイプのオモチャを使うのもお勧め。いわゆる犬用の知育玩具です。中のおやつをどうしたら食べることができるのか、犬はそれを考えながら遊びに夢中になれます。おやつを与える量は少量で済み、かつ長く楽しめるという点で使えるオモチャだと思います。

おやつを留守番に利用する

留守番時やトレーニング時にもつかえるおやつ
おやつは犬を留守番させる時やトレーニングする時にも使える。
おやつを中に仕込めるオモチャは愛犬を留守番させる時にも利用できます。一人ぼっちで留守番をしていると寂しさや何もやることがなくてイタズラしたり、吠えてしまったりなんていう問題が出ることがありますが、こうしたオモチャを与えておくことで、そのストレスを大なり小なり解消することも可能です。短い時間の外出であれば、オモチャに夢中になっている間に飼い主さんが帰宅、犬も留守中の寂しさを感じることなく過ごせるでしょう。

留守にする時間の長さによっては、こうしたオモチャをいくつか用意し、中に入れるおやつの種類も変えて、数ヶ所に置いておくのもいいかも。宝物探しならぬおやつ探しに、愛犬は夢中になるかもしれませんよ。