クレート

クレート
普段の寝場所としてはもちろん、旅行、入院、災害時などにもクレートに慣らせておくと便利。
必ずしも必要というわけではありませんが、犬の習性としては三方が囲まれた穴倉のような場所が安心できること、将来的にクレートに入ることを覚えてくれると病院通いや災害時などに便利ですので、できれば欲しいものの一つです。

トイレ&トイレシート

濡れたままだったり、汚れているとトイレをしたがらないことがありますので、吸水性の高いものを選ぶといいでしょう。室内にトイレを置くことを考えると、人間視点の見た目で汚れが目立たないつくりになっているものもよいでしょう。

おもちゃ

子犬は遊びが大好き。歯の生え変わり時期になると、むず痒くなることから何かを噛みたくもなりますし、イタズラ防止、またストレス発散などの効果もありますので、子犬向きのものをいくつか用意しておきます。ただし、飲み込めないようなものにしてください。

お手入れ用品

ブラシ、コーム、ノミ取り櫛、シャンプー、爪切り、歯ブラシ、耳掃除用のクリーナーやガーゼなど、犬種やその子に合わせて必要なものを。ブラシにもピンブラシ、スリッカーブラシ、艶出しブラシなどいくつか種類があります。そのすべてが必要かというと、そうでもありません。被毛の成長度合いや被毛のタイプなどによってピックアップしてください。

消臭剤などお掃除用品

トイレの失敗というのはつきものです。室内トイレであると匂いが気になることも。安全性の高い消臭剤を一つ用意しておくと便利です。

ゲート

入って欲しくない場所にはゲートを
入って欲しくない部屋や場所には、このようなゲートを設置するといい。
ここには入って欲しくないという部屋や場所があった時、写真にあるようなゲートや衝立を用意するといいでしょう。冬場に使うストーブは近づき過ぎると火傷の危険もありますよね。そういった危険なものは、四方を囲めるサークルなどで囲ってしまうことをお勧めします。


以上のような犬用グッズは、ペットショップでスターターキットとしてセットにして売っているところもありますので、相談してみてください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。