犬と暮らすには、必要となる用品があります。子犬が来てから慌てて買い物に走り回ることのないように、子犬を迎える前に、ある程度のものは揃えておきましょう。生活をするにつれて、おいおい必要になってくるものもありますが、ここでは基本的に必要と思われるグッズ類をご紹介します。

食器

犬用の食器
犬用の食器は陶器やステンレスなど素材にも数種類あり。なるべく安定性があり、安全なものをチョイスしたい。
食器は子犬のサイズに合わせて小さめのものを。子犬の場合は、前足を突っ込んで、食器をひっくり返してしまったりなんていうこともありますので、なるべく安定性のあるものがいいですね。素材としては、陶器やステンレス、プラスチックなど数種類ありますが、プラスチックは時にアレルギー反応を起こすコもいますので、気になるようでしたら、材質もチェックしながら選ぶといいでしょう。成長するにつれて食器も必要に応じて大きなものに替えていきます。

子犬の段階では、食器を床に置いてもちょうどいい高さですが、成犬になった時、体の大きさによっては食器を台に乗せるなど、少し高さをもたせてあげたほうが食べやすいということがありますので、体の大きさやその子の成長度合いによって食器台などを用意してあげるのもいいと思います。余談ですが、心臓病などの持病がある子や高齢の子の場合は、首を床まで下げて食べるということだけで体に負担がかかることがありますので、食器台を用意してあげ、少しでも負担を軽くしてあげたいものです。

水飲み

水飲みも食器と同様ですが、器でもタンクタイプのもの、どちらでもかまいません。しかし、最初のうちは、子犬がそれまで飲み慣れていたものにするのがいいと思います。

ドッグフード

子犬を連れて来てから急に食事内容を替えるのは、お腹を壊して体調を崩すような危険性もあります。しばらくの間はそれまで食べていた食事内容と同じものにします。様子を見ながら、少しずつその家庭に合った食事へと切り替えていくようにしましょう。