犬と室内で一緒に暮らすには、気をつけたいこともあります。新たに子犬を迎える場合は、特に事故や怪我のないよう、室内環境をある程度整えて準備をしておきたいもの。そのポイントについてのお話です。すでに犬と暮らしている人も、この機会に今一度、室内環境を見直してみましょう。

人にも犬にも安全で快適な室内環境を

すっきりとした部屋
部屋の中は、なるべくすっきりとさせ、危険なものがないように。
犬を室内飼育する場合、やはり室内環境は大切になってきます。あまりに落ち着かない環境であれば、子犬のしつけや精神的成長にも影響を及ぼすでしょうし、乱雑な部屋のままでは怪我をさせたり、事故が起きる危険性もあります。また家族にとって世話のしづらい環境だと世話そのものに疲れてしまうこともあります。

子犬の場合は人間の赤ちゃんと同じ。これから成長するにあたって大事な時期を過ごすわけですから、できる限り子犬の目線になって環境を整えてあげたいものです。子犬を迎える前に室内を総点検。お互いが無理なく、安全で快適に過ごせる環境づくりを目指しましょう。

その前に、初めて犬を迎える場合には、事前に揃えておきたいものがあります。子犬が来てから慌てて買い物に走り回ることのないように、必要なものはあらかじめ揃えておきましょう。それについては、「犬との暮らしに必要なグッズ・用品」をご覧ください。

子犬のベットとトイレの配置場所

子犬の生活場所は家族から常に見えるところがいいですね。家に来たばかりの子犬は不安もいっぱい。家族が近くにいたほうが安心できるでしょうし、トイレのしつけをするにも対処しやすくなります。ただし、あまりに人の出入りが激しく、騒々しいところでは落ち着けませんので、ある程度落ち着けるような場所を選んで設定してあげましょう。たとえば、人の出入りのあるドアとは反対側の場所など。

ベッド(ハウス)とトイレですが、この二つがセットで置ける程度のスペースは確保したいものです。トイレのしつけの観点から、ベッドとトイレは若干距離を離して置きたいので、それなりのスペースがとれるとベストですね。設置場所は、部屋の真ん中にドンと置いてしまうより、壁や部屋のコーナーに沿って置いたほうが、より安心感が生まれると思います。ゆくゆくはトイレの場所をお客さんなどの人目のつかない場所へ移動することも可能です。

はじめはトイレのしつけもできていないと思いますので、失敗をなるべくさせないためにも(トイレトレーニングは失敗させないことが近道)、子犬の生活スペースはサークルで囲ってあげたほうがいいでしょう。