自宅を仕事場とするSOHOにとって、制服という言葉はありません。今回は5人のSOHOワーカーに、普段の仕事着を教えてもらいました。

格好よりも作業の効率を優先?!

ルームウェア
仕事がしやすく着心地も良いルームウェア。お洒落さも加わるといいですね。
「打合せの時は、スーツを着ていきますが、普段はTシャツにジーンズですね。」

そう教えてくれたのは、ライターのMさん。「気軽な服装が一番ですね。宅配便などもきますから、すぐ外には出れる格好をしています。」なるほど。

「私はらくらくジャージですね。」というのは、同じくライターのSさん。らくらくジャージというのは、写真のような伸縮性のある素材の着心地の良いジャージのことだそう。上はTシャツにジャージ姿というのが、Sさんの定番だそうです。

夏は短パン。人には見せられないかも…

アロマ
格好はあくまでもラフに。好きな香りに身を包まれながらの仕事もおススメです。
「恥ずかしいのですが、短パンにランニング。クーラーは省エネのためつけていません。スタイルには自信がないので、人には見せられませんね(笑)。」
と笑うのは、データ入力のKさん。「私は大阪に住んでいるのですが、大阪の夏は暑いんですよ!甲子園をラジオでつけながら仕事。これが私の夏の定番です!」なんだか熱気が伝わってきそうですね(笑)

「トランクス一張の時が多いかもなあ(笑)」と笑うのはWeb制作をしているMさん。「自宅で仕事をしているので、どうしてもラクな格好にはしってしまい、究極の(一歩前?)の格好ということでトランクス一張に落ち着きました。奥さんしか家にはいませんから、まあいいやって。」確かに暑い夏にピッタリの格好ですよね…。

データ入力をしているKさんの場合は「パジャマです!私が夜に仕事をしているせいもあるのですが、ズボンタイプのパジャマを愛用していますね。」
また、それは何でズボンタイプ?
「だんだん、行儀悪くなってくるんですよ。足を投げ出してみたり、椅子の上に正座してみたり(笑)。だからズボンタイプがラクですね。」
なるほど!分かりました。

-----------------------------------
なんだか皆さん、「仕事の効率」を第一に考えた格好が多いようですね。このページを読んでくださっているあなたは、今どんな格好をされていますか?独創的な格好で仕事をされている方、あなたの「定番着」教えてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。