日本人ならではのセンスが光るアラブ・トルコ地中海料理「カルタゴ」


カルタゴ
雑居ビルの3F。エレベーターを上がると、思いもよらぬ空間が開ける。
マグレブ諸国をはじめ、アラブ、トルコ料理の料理を提供する老舗。今年で20周年を迎える。

本場テイストをベースに、日本人ならではの繊細な舌、器用な手先、研ぎ澄まされた感性から表現される料理は、しみじみおいしいと感じられる味。日本の素材を使って各国料理を作るには限界がある。でも、それを逆手にとった調理には、本場の荒々しい味わいはないものの、日本の繊細な素材の味が十二分に生かされていて、日本人のワタシたちにとっては、なんの負荷もなく身体にはいってくる。

料理は手間隙を惜しまず丁寧に作られるものばかり。時折、他では味わえない料理もお目見えするから、要チェックだ。

<お店の詳細>
アラブ・トルコ地中海料理「カルタゴ」(中野)

アラブ・トルコ地中海料理「カルタゴ」
住所:東京都中野区中野3-34-3
電話:03-3384-9324
地図:Yahoo!地図情報


その他、新大久保駅近くから移転、原宿に店を移し今年でオープン11年のチュニジア料理「ハンニバル ドゥ」。いまや東京にはチュニジア料理店が増え、用途にあわせてお店を選べるようになったけれど、チュニジア料理が東京にまだ一軒しかない時代から、ブレのない料理と軽快で陽気な語り口で客を魅了し、こつこつと地道に、客足を絶やすことなく営業してきた。チュニジア料理の底辺を支え、このお店の功績は称えるべきだと思う。

モロッコ料理だったら、ここも興味深い店。2年前に店内を改装し、飲食スペースを設けた雑貨店「DALIA(ダリア)」。屋根裏のような雰囲気のなかでいただく料理は、モロッコテイスト。モロッコ南部の家庭で学んだ料理を提供する。スパイスをさほど使っていないものの、ずっしりと濃厚な味わいが特徴だ(メニュー数は少ないけれど)。席数が少なく、予約をしたほうが無難なお店だが、靴をぬいで座って食べるモロッコスタイルの食事に浸れるのは貴重なこと。各国雑貨好き、モロッコ料理好きなら訪れたい店だ。

<関連記事>
■ガイドのモロッコ食紀行
■一度は訪れたい!おすすめのトルコ料理店
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。