見たことある人も多いかも?

FJクルーザー
日本車には珍しいレトロなデザイン。既にアメリカで発売されており、国内でもけっこうな数の並行輸入車が走っている

年内に日本発売を予定しているFJクルーザーというクルマ、アメリカじゃどのくらいの価格設定だと思うだろうか? 価格をチェックしてみたら、4WDのATで2万5770ドル(1ドル85円だと約220万円)。なんとホンダCR-Vと同じくらいの価格設定だったりして。

ちなみに日本でFJクルーザーと同じ装備内容のCR-Vは275万円。だからこそアメリカから逆輸入したFJクルーザーも400万円程度で販売出来るのだった。意外なことに生産は日野自動車の羽村工場。もし300万円を切る価格設定なら、相当魅力的なSUVになると思う。

といった価格をイメージしながら、以下読んで頂きたく。まず果たしてどんなクルマなの紹介しよう。写真の通りイメージとしては大人気モデルだった『BJ40型ランクル』を強く意識している。日本車には珍しい、ニュービートルやミニ、フィアット500と同じ「レトロ」路線です。

FJクルーザー
ディメンションは「短くてワイド」。ホイールベースも短いので、悪路走破性も高い

アメリカで2006年に発売されるや日本でも話題になり、前述の通り並行輸入車も多数入っている。御覧になったことのある諸兄も多いかもしれない。ボディサイズは全長4670mm×全幅1905mmで、このクラスのSUVとして考えれば「短くてワイド」というプロポーションだ。

ランクル・プラドのラダーフレームを改良して使っており、レトロなイメージと違い車体の構成も本格派。ホイールベースを短くしているため悪路走破性についちゃランクルを越える?パートタイム式4WDとなる(6速マニュアル仕様のみフルタイム式。ただ日本はATだけになる可能性大)。