お母さん、これはやっちゃダメですよ

子どもが「英語なんて嫌い!」と言って見向きもしなくなるなんてことがよくあります。それはお母さんのアプローチがまずい。では何をやってしまったのか……。以下に当てはまることはありませんか?

  • 知らない間に「今日は英語聞いた?」と、英語教育ママになっていた。
  • 英語教室から帰ったらいつも「今日は何を勉強したの?」と尋ねる。
  • 発音がきれいかどうか、何が話せるのか、など成果が気になる。
  • 子どもに「英語の宿題、済ませないとおやつは無いよ。」と脅す。

あぁ、やってしまいがち……ですね。意識したいことは、成果を確かめることはしないこと。教育は10年一区切りですから。子どもからすれば毎日チェックされるストレスはたまったものじゃない。ポイントは親も一緒に英語を楽しむことです。
 

効果的な方法は英語歌です

幼児には英語歌がベスト。書店に行って探すのも良し、インターネットで探すのも良しです。この不況の世の中ですから、なるべくお金をかけず長続きできる程度の熱心さをもって英語環境を整えてほしいですね。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。