食卓
各家庭の食卓はさまざま。地方によっても食の嗜好は違う。同じ関西でも違うものが……
旅先で立ち寄ったスーパーの品揃えに、びっくりしたことはありませんか? 見慣れない商品や意外なものがたくさん売られていたりと地元のスーパーと雰囲気が違うことがあります。地域によって、食べ物の嗜好は違うもの。同じ関西の中でもいえるようです。

総務省統計局が毎月行っている「家計調査」は、世帯の収入や支出、貯蓄・負債などを調査しているものです。その調査項目は収支の細かいところまで及んでおり、食品の支出などの細かい内容まで網羅されています。

今回は、平成15~17年平均の家計調査品目別データを県庁所在地別に集計したものからピックアップします。関西の大阪・京都・神戸・大津・奈良・和歌山の6都市の「世帯当りの使った金額」です。同じ関西でも食卓の様子が違うのがわかりますよ。

関西エリアはパンが大好き

まずは、主食のほうから見てみましょう。世帯あたりのお米の消費金額の全国トップは静岡市。関西では、9位京都市・10位和歌山市が全国10位以内にランクインしています。

食卓
関西エリアではパン食が好まれている、パンにかける金額の全国1位は神戸市。
それに対してパンは、全国1位が神戸市。続いて奈良市、大津市、京都市と1位から4位までを関西の都市が占めています。大阪市も9位で、全国トップ10のうち5都市が関西ということになります。関西エリアはパンをたくさん購入しているのがわかりますね。

パン好きを裏付けるデータはまだありますよ。マーガリンは、全国1位が大津市、2位が神戸市、5位奈良市、6位は京都市となっています。ジャムも全国1位が神戸市で、5位京都市、7位大津市、9位奈良市となっていますよ。パン食が好まれているのがよくわかります。 関西の中でも、神戸市がパンとジャムが全国1位なっており、特にパン好きのようですね。

牛肉の消費も全国トップクラス

次に肉類の消費動向を見てみましょう。肉類の消費金額で全国1位は大津市。2位以下も和歌山市、神戸市、奈良市、京都市と5位まで関西の都市が独占しています。大阪市も10位に入っており、関西の都市は全て全国トップ10に入っています。

肉類の内訳を見てみると、牛肉の消費が際立っており関西の都市は全て全国トップ10に入っています。それに対して、豚肉は少ないようです。関西では「肉=牛肉」が成り立っていますね。意外だったのが鶏肉。鶏肉も、4位大津市、6位和歌山市、7,8,9位が奈良市、京都市、神戸市と続いています。鶏肉も好んで食べられていますね。お肉の嗜好はどの都市も同じような傾向です。肉類を好む「グルメ志向」の関西エリアです。

加工肉のほうに目を向けてみると、少し事情が違うようです。加工肉全体では、4位に大津市、9位に奈良市が入る程度。ハムは全国2位が奈良市、5位が神戸市、8,9位が京都、大津市となっています。パンの消費量が多いエリアでハムも好まれているようですね。それに対してソーセージは、全国2位に大津市が入っているのみ。大津市は加工肉も多く食卓にのぼっているようです。

牛乳・卵は京都・大津が多い

次に、牛乳を見てみましょう。牛乳の購入金額の全国1位は京都市。続いて2位は大津市となっています。10位以内には他の関西の都市は入っていません。牛乳の消費金額では関西の中でもきれいにわかれましたね。

また卵も、全国1位が大津市、3位が京都市となっています。他には8位奈良市、9位神戸市と続いています。牛乳や卵に関しては、京都滋賀エリアでよく買われているようですね。

次のページでは、調味料や嗜好品などを紹介しましょう。意外な都市で多く使われいますよ!。