借金の借換えでの利用はタブー

年金担保融資で生活保護になってはいけない

お金はいくつになっても必要な時があります。借金を年金担保融資で返すことはやめましょう。

一般の貸金業者、消費者金融などからの借入れは、自己破産の手続きにより債務が免責されます。ほかの債務とともに年金担保融資があったとしたら、ほかの債務は消すことができても、年金担保融資だけは年金からの天引きという形で返済が続きます。

もっというと、多重債務の返済が困難となり、年金担保融資で借換えという形で返済してしまった場合、普通の債務整理では借金が減るまたはなくなるということがおこるのに、そういうことが全くおこらず、年金担保融資で借りた金額だけ返し続けるのです。債務整理をしていれば返さなくてよかった借金も、年金担保融資により返さなくてはいけないものになってしまうのです。

年金担保融資の使い道には特に制限なく、医療・介護、冠婚葬祭など突発的な出費のほかに、借入金借換も選べます。借入金の利息を軽くして、返済負担を軽減し、計画的に返済を継続するという目的がある場合は別ですが、多重債務から逃れる1つの策として利用することはお勧めできません。

年金受給者の多重債務問題でも、まずは相談

貸金業法が改正され、融資枠が減ってしまったことや、上限金利が低く定められたことなどから、もう借金の払い過ぎなどはおきないだろうと思う方もいるようです。ですが、高利で借りた借金は、今でも引き直しができます。年金担保融資で借りて返さなくても、債務整理をすることで実はお金が戻ってきてしまった、という嬉しいケースもあります。
収入が限られやすい高齢期、もらえる年金を減らすという危険を冒すよりは、借金は借金できちんと対処し、生活の維持、再建には年金を有効に使うようにしたいですね。
年金をもらいつつ、生活保護に頼るなどは、できるだけしたくないものです。

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。