一見、「専任」であれば、真っ先に自分の物件からお客様に紹介してもらえると思われています。確かに、「専任物件」と広く業者間に公開されている「一般物件」とでは、「専任物件」から先に物件を紹介していくでしょう。

しかし、「専任」の物件は、専任業者が抱きかかえてしまうことが多いために、入居希望者があなたの物件情報を目にする機会が少なくなってしまうことがあるのです。

業者にとって「専任」物件というのは、いずれ必ず手数料が稼げることになる、ありがたい物件です。
もし、その業者が、となりの不動産業者に募集を協力してもらうことになると得られる手数料は半額になってしまいます。
ですから、「専任物件」は業者が抱え込んでしまうことが多くなり、結果的になかなか入居者が決まらないという事態になってしまっているのです。

大家業は満室になって初めて経営が成り立つ


このように、入居の募集は、専任募集よりも幅広く数多くの不動産業者に協力してもらう一般募集の方がはるかに入居者は決まりやすいのです。

でも・・・

今まで、お世話になっている業者さんなのに、浮気をするような真似をしていいのでしょうか
という大家さんが必ずいます。

しかし、考えてもみてください。
確かに、もしあなたが、「常に満室で全く今の不動産業者に不満はない」というのなら、「専任」のままでもいいでしょう。

でも、何ヶ月も入居者が決まらない状態なのに、それでもまだ、「長年お付き合いをしている業者だから・・・」ということだけで、募集をその業者任せにしてもいいのでしょうか?

大家業は「満室になって初めて経営が成り立つ」、そういう商売です
もし、何ヶ月も入居者を決められない、そんな不動産業者に専任で募集を依頼しているのであれば、キチンとお話をして、幅広く募集することを了承してもらうようにしましょう。

入居の旬」もあと一ヶ月を切りました。
4月を満室で迎えられるように、今一度、募集方法を見直してみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。