リフォーム規模の大小にかかわらず挨拶が必要

リフォーム前に挨拶する範囲は工事内容や規模によって異なりますが、強い臭いがする工事を行う場合、その臭気は風に乗ってかなり広い範囲まで届きます。またマンションの場合は、臭いだけでなく、音や振動が壁や床を伝わり、かなり遠くまで響くことがあります。

また小さなリフォームでも車や人の出入りが頻繁にあれば、ご近所に落ち着かない思いをさせてしまいます。規模の大小に関係無く、ひと声を掛けることを心がけておきましょう。

一戸建てリフォーム前に近隣挨拶が必要な範囲

一戸建てリフォームで挨拶が必要な基本の範囲は、向こう3軒両隣+裏の家3軒の合計8軒です。また少し遠くても、車で迷惑をかける可能性がある家にはひと声掛けておきましょう。

忘れがちなのが斜め裏の家です。自分の家からよく見えなくても、向こうからはよく見えています。音や臭い、ホコリの影響もあるので、忘れずに挨拶をしておきましょう。

挨拶する家の図

一戸建てリフォームの挨拶範囲。離れていても駐車問題の影響がある家には忘れずに挨拶を。


マンションリフォーム前に近隣挨拶が必要な範囲

マンションでリフォーム前に最低限挨拶が必要な範囲は、上3軒+両隣+下3軒です。また資材の搬出入で通る廊下や階段に面した部屋の家にも、ひと声掛けておきましょう。

階段をはさんで両脇に部屋が並ぶ、階段室型マンションの場合は、同じ階段を使う部屋の方にも、声を掛けておくといいでしょう。

近隣挨拶の範囲、マンション

マンションリフォームの挨拶範囲。音は壁や床を伝い、臭いはベランダや廊下、換気扇から伝わることも。


次のページは、いつ誰とまわる?必ず言うべきこと、手土産はどうする?です。