モデルハウスに学ぶリフォーム術、リニューアル第1弾です。様々なモデルハウスが並ぶ住宅展示場には、リフォームで使えるアイデアがいっぱい詰まっています。今回は、間仕切り壁やガラスブロック、窓の工夫で上手に光を取り入れて、明るい部屋を作るリフォームの技をご紹介します。

間仕切り壁に室内窓を作って部屋を明るくするリフォーム

廊下や階段など暗くなりがちなところも、間仕切り壁やドアに室内窓を作るリフォームをすれば、両側の部屋が明るくひろびろとします。室内窓のリフォームは構造上重要な壁でなければ意外とカンタン。内装リフォームの時に一緒にやるといいでしょう。

大きなデザインガラスを使って廊下と踊り場を明るくしているモデルハウス(積水ハウス)

大きなデザインガラスを使って廊下と踊り場を明るくしているモデルハウス(積水ハウス)


上の写真は間仕切り壁に大きなデザインガラスをはめ込んだモデルハウスです。暗くなりがちな廊下と踊り場がとても明るい空間になっています。また室内窓を開閉できるように作れば、家中の風通しをよくすることができます。

室内窓のリフォームでぜひこだわって欲しいのがガラスのデザインです。プライバシーが気になる時は半透明のガラスを使ったり、内側にロールスクリーンやカーテンを取り付けるのもいいでしょう。飛散防止のシートを挟んだガラスを使えば、地震の時も安心です。

視線が気になる時はガラスブロックで光だけ取り入れるリフォーム

洗面所やトイレ、寝室など光は取り入れたいけれどプライバシーが気になるという部屋は、外壁面にガラスブロックをはめ込むリフォームをすれば、視線はしっかり遮ったまま部屋を明るくすることができます。
洗面所の外壁面にガラスブロックを使ったモデルハウス。視線はしっかり遮ったまま明るい空間に(三菱地所ホーム)

洗面所の外壁面にガラスブロックを使ったモデルハウス。視線はしっかり遮ったまま明るい空間に(三菱地所ホーム)


ガラスブロックはデザインやガラスの種類が豊富にありますので、選び方によって、取り入れる光の量や視線の遮り方を調整することができます。カラーも色々ありますので、インテリアにあわせて選びましょう。

北向きで暗い玄関ホールがサンルームになるリフォーム

暗くなりがちな北向きの玄関や水まわりを明るくしたい時は、高い位置に窓を作るリフォームが効果的です。天窓やランマ窓などの高い位置にある窓は、低い位置にある窓に比べ、部屋を明るくする効果が高くなります。

北向きでもサンルームのように明るい玄関ホール(リンダルシーダーホームズ)

北向きでもサンルームのように明るい玄関ホール(リンダルシーダーホームズ)


上の写真は、北向きの玄関ホールに大きな窓を取り付け、まるでサンルームのように明るい玄関ホールです。足元には開閉できる窓がついているので、風抜けも抜群。とても気持ちのいい玄関になっています。

次のページもモデルハウスに学ぶリフォーム術、明るい部屋の作り方!玄関を明るくリフォームすれば家全体が明るくなる、玄関が広く感じられる窓のカタチをご紹介します。