床座リビングのリフォーム
お手本となる身近な部屋とは?


床座のお手本となるのは 「和室」 です。和室は床に座って暮らす部屋ですから、床座リビングを作るためのヒントがたくさんあります。

まずは床。畳は天然素材で弾力性があり、横になっても身体に柔らかい床材です。床座リビングへのリフォームでも、このように直接座った時に心地いい床材選びをしていきましょう。


天然成分から作られた自然塗料仕上げの無垢ニュージーパイン材の床板
肌に優しく調湿効果もあるので気持ちのいいリビングに(息吹/WOOD ONE


例えばコルクタイルや無垢の床板など、肌触りのいい天然素材を使えば素肌に気持ちのいい床座の暮らしが楽しめます。

現在フローリング敷きの場合は、これらの床材を上から重ね貼りができるケースも多く、思ったより簡単にリフォームできます。また 「床暖房」「堀こたつ」 を設置すれば、冬でも寝転んでお昼寝したくなるあったかリビングに変身! 但し床暖房は専用の床材を使いましょう。

床はそのままという場合には、ラグを敷くのもいいですね。夏と冬で衣替えをすればオールシーズン気持ちのいい床座リビングになります。

また下記では、和室と隣り合ったリビングをまとめるコツ、上手なフローリングの色選び方法をご紹介していますので、是非ご覧になってみて下さい。
■こうすればまとまる! リビング+和室の悩み解決リフォーム技
■淡色?中間色?濃色? これでもう失敗しない! 床リフォームの色選び


次のページでも、床座のルールを押さえたリビングのリフォーム、
床座と椅子座はここが大きく違う!」 です。

>>> 床座のルールを押さえたリビングのリフォーム
お手本となる身近な部屋とは?
椅子座とはここが大きく違う!
床座ならではの楽しみとは?

- P2 -