公団の住宅は質や環境がよく、住み心地がいい、と言われています。でも、どんな物件があって、どんな申し込みをすれば入居できるのかは、意外と知られていないのかもしれません。
そこで、首都圏の公団賃貸を例に、その方法をまとめてみました。

公団賃貸への申し込みは大きく分けて2通りあります。ひとつは新規(新築)への申し込み、もうひとつは空家(いわゆる中古)への申し込みです。それぞれ申し込み時期や申し込み方法が異なっています。
まず、新規への申し込み方法をご紹介しましょう。

新規は、毎年4月に上半期、10月に下半期の募集予定の住宅が、公団の住宅募集センターから発表されます。だいたい、入居可能日まで2~3ヵ月、という物件が一覧になっています。ただ、この段階では入居できる月や募集する月までしか公表されていないので、正確な申し込み時期は、新聞紙上やインターネットなどで調べることになります。(インターネットをご利用の場合は、首都圏ならココをご覧ください)