前回、「音楽に心底浸れる空間登場!」と紹介した、(株)リブラン企画の全室遮音構造マンション「ミュージション志木」。その時はまだ実物はできていなかったのですが、物件担当の井福さんに「ぜひ、実物を見てください!」と熱いメールをいただいたので、早速見学予約をしました。(「ミュージション志木」は現在建築中なので、見学は完全予約制)

昔懐かしい東武東上線志木駅(実は、○十年前、ガイド加藤は志木駅に通学していました)を降り、駅のロータリーから見えるところに、建築中の「ミュージション志木」を発見。
2階の案内事務所で、鈴木副社長、田代サブリーダー、担当の井福さんの熱烈歓迎を受けちょっと恐縮…。さっそくBtype(28.07平米)モデルルームを案内していただきました。

「それでは加藤さん、ドアをあけてください」
♪♪ジャーン♪♪ドアをあけると、ガンガンのボリュームでCDの音。なかなかのインパクト!


【室内にグランドピアノを置いたら…】


部屋に入ると、「単なる遮音性能がいいだけのマンションではない」主張がいっぱい。
まず基本的広さは「グランドピアノ&ベッド&机が配置できる」面積を確保。これだけ広ければ、ピアノの下で寝なくてもいいかも?!

キッチンはステューディオタイプとしてはド迫力の大きさ、ステンレストップにIHクッキングヒーターを採用。
「一人暮らしでも、しっかり家で料理する人が多いんですね。美しさと機能にこだわると既製品では満足できずに、特注でこのキッチンを作ったんです。通常のキッチンに比べ、かなり高価なんですが、妥協したくなかったんです」
確かに、このクラスの賃貸マンションで、こんなに質のいいキッチンがついてるのは、初めて見ました。かなり気合い入ってますね、この物件は。僕の家は、最近キッチンをリフォームしたけど、IHクッキングヒーターは高いから諦めたのに…。


【これがド迫力のキッチン】