ルームシェアのメリットは?


ドラマの中では、お互いプライバシーを尊重するとのルールがありつつも、お互いのいろいろな出来事を乗り越えていくうちに、いつしかただのシェアメイトというだけの関係ではなくなるかも・・・?という雰囲気になりつつありますが、さて結末はどうなるのやら?

実際、ルームシェアをして彼氏・彼女をゲットしよう!という気持ちの人もいるかもしれませんが、そんなよこしま(?!)な気持ちでいるとルームシェアは成功しないかもしれません。それよりも、家賃を浮かせたい、一人で住むのは不安だから誰かと一緒に住みたい、外国人と一緒に住んで語学を習得したい、などといった理由でルームシェアを選択する人が多いようです。たしかに、同じ家賃を出しても広い部屋・立地のいいところに住めたり、複数で住めば防犯上のメリットもあります。

ドラマのなかでも、「こんなに広い部屋にシェアで住めるの?」と思われるくらい、かっこいい部屋に住んでいます。キッチンにはカウンターあり、広々としたリビングにはソファあり、居室が2つほど+中二階のような空間あり。これで家賃が5万円なら文句なし!さらに同居人が管理栄養士のため、食事はバランスの取れたおいしいものが食べられる!(最初は『家事は分担』だったのですが、いろいろあって家事は女性側が担当することになったようです)まさにルームシェアならではのメリットです。

あこがれだけでは続かない


でも、デメリットもつきもの。一度トラブルが起きてしてしまうと、一緒に暮らすのが嫌になってしまい、ルームシェアを解消してしまうこともあります。また、一人になりたいときに完全に一人にはなれなかったり、気軽に友人を呼べないこともあります。
結局はルームシェアとは集団生活。メリットがある分、デメリットもあることを十分理解した上で暮らさないと、うまくはいかないものです。
アンケート結果
2002年7月に実施したアンケート結果より

以前、このサイトで「ルームシェアってしてみたい?」とアンケートしたところ、

・仲の良い友人とならしてみたい・・・22%
・彼氏・彼女との同棲ならOK・・・47%
・外国人としてみたい・・・14%
・まったく知らない人としてみたい・・・16%

となりました。やはり日本ではルームシェアの慣習がない分、まったく知らない人としてみたい人は少数派のよう。たしかに、契約の仕方、生活上の注意点など普通の賃貸生活とは違ったものがあります。(詳しくはこちら→「ルームシェアがしたい!(1)」「ルームシェアがしたい(2)」
これらのことを理解した上で、誰かと暮らしてみたい!という方はルームシェアにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?インターネットで検索すると「シェアメイト募集」という掲示板もありますから、気に入ったシェアメイトも見つかるかもしれませんよ!

<関連記事>
ルームシェアがしたい!(1)
ルームシェアがしたい(2)

<関連サイト>
ルームシェア 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。