シェアハウスに住んでいると「掃除や食事ってどうしてるの?」と聞かれることが度々あります。

食事や洗濯、掃除などの家事については、誰しもが「私のやり方」をもっています。しかし他人と一緒に住めば「私のやり方」だけではやっていけません。シェアハウス暮らしを考える人の中には「私ズボラだけどやって行けるかな…」と不安になる人もいるのでは?また既にシェアハウスで暮らしている人も「他のシェアハウスのルールってどうなってるんだろう」と気になる人もいるかもしれません。

そこで今回はシェアハウスでの家事ルールについてお伝えします。家庭で家事ルールがさまざまなように、シェアハウスでもそれぞれルールは違いますが、よくあるルールについて、いくつかご紹介したいと思います。

シェアハウスの食事 ~各々で自由に、ときどき皆で

皆で一緒にご飯を食べることはシェアハウスの醍醐味!我が家でも、家に全員いるときは皆で買い出しをしてご飯を作ります。友達を呼んで飲み会をする、なんてこともシェアハウスではよく見られる光景です。

しかし基本的に、食事は各自で自由に、という所がほとんどです。
当然、食費も自分の食べる分を負担することになりますが、シェアできるものはする、という場面は多くみられます。例えば油や調味料など、皆で使うものは共同出資して買ったり、個人が購入したものでも食べていいものは「食べてください」と書いて置いておくなど、シェアのルールは家でさまざまです。昔遊びに行ったシェアハウスで、フライパンに入っていた麻婆豆腐の横に「麻婆豆腐 食べる人は20円」という紙が置いてあったなんてこともありました(笑)。

キッチンの使い方マニュアル

キッチンの使い方をマニュアル化している家も。

キッチンの使い方は家によってさまざまだと言えど、ある程度決めておくのがオススメ。冷蔵庫に入れるときには名前を書く、洗ったものはすぐ片付けるなど、他人に迷惑をかけないための最低限の決まりはあってもよいでしょう。




シェアハウスの洗濯 ~「自分のものは自分で」が主流

洗濯は個人個人でやるところが多いようです。共用部の洗濯物、たとえばトイレのタオルなどは、気が付いた人が自分のものと一緒に洗うなどで対応できますし、洗う当番を決めるのもよいでしょう。特に細かいルールが不要そうな洗濯ですが、洗濯機を回す時間については、夜11時以降はNGなどのルールを設け、騒音に配慮する家も多いようです。

次のページでは、掃除などのルールについて見ていきましょう。