賃貸契約を交わす時には、連帯保証人が必要なことはよく知られています。この『連帯保証人』とはどんな人のことなのか、ちゃんと説明ができますか?

連帯保証人とは?


保証人と連帯保証人、よく聞く言葉ですが、賃貸では後者の「連帯保証人」がほとんどです。
一般的に、保証人が関係するのは金銭のやり取りが発生する場合。賃貸は、他人の部屋を借りて毎月家賃を支払っていくものなので、万が一借主に何かがあって家賃を払えなくなってしまったら、大家さんとしては困ります。そこで、保証人が必要になるわけです。

大家さん
家賃を払ってもらえなくなったら、大家さんは困ってしまう・・・
ここで注意が必要なのは、賃貸では保証人ではなく「連帯保証人」であるという点。借主(債務者)に何かがあった場合、貸主(債権者)は保証人に連絡をし、「借主の代わりをしてくれ」と言います。このとき、保証人なら「いや、借主(債務者)に連絡をしてくれ」と主張することができますが、連帯保証人になるとその主張ができず、貸主から連絡があった場合には必ず借主が負うべき義務を果たさなければならないのです。



保証人よりも責任が重いのが連帯保証人。借主が借りた部屋は、連帯保証人が借りたのも同然なのです。万が一、借主に何かあって家賃支払いが滞ってしまった場合、連帯保証人が借主の代わりに家賃を支払う義務があるのです。

>>>「連帯保証人になって」と頼まれたらどうする?