家を購入するか、それとも賃貸にするか。どちらを選択するべきか、いつも考えるところです。あなたならどちらを選択しますか?

お金の面を徹底比較!


さて、現在住宅ローンを払っているあなた。その住宅を売って、賃貸に住むという選択はあまり考えていないでしょう。でも、賃貸居住者なら、家賃を払い続けるよりも、家を買った方がいいだろうか・・・と悩んでいるかもしれません。では、まずお金の面を比較してみましょう。

不動産ポータルサイト「HOME’S」のリサーチによると、一戸建てを購入時の平均年齢は、約37歳。価格は3500万円前後に集中しています。また、同じくHOME’Sの賃貸レポートによると、2009年4月の首都圏・3 DKタイプの平均賃料は13万6200円。

そこで、以下のようなモデルケースを考えてみました。

【条件】
夫35歳、妻33歳、子供2人の4人家族

【住宅の条件】
◎賃貸:
3LDKのファミリータイプ  14万円 (賃料+管理費+駐車場) 
入居時 礼金2カ月分・敷金2ヵ月分・仲介手数料1ヵ月分が発生。2年ごとに家賃1ヵ月分の更新料も発生。

◎購入:
物件価格3500万円  頭金700万円  借入2800万円(金利は3%固定として25年返済)=毎月約13万3000円の返済(年間返済額 約159万円) 諸費用(購入価格の5%=175万円)


賃貸か購入か?
出典:賃貸・部屋探しガイド


>>>このグラフから言えることは・・・?