賃貸生活を送りながら車を所有している人にとって、家賃+駐車場代+車両代+維持費・・・など、車を所有するとかなりのお金が必要になります。とはいえ、平日はほとんど乗ることはなく週末に乗るだけ、という方も少なくありません。それなのに、駐車場代に何万円と払っているのはちょっともったいない気がしませんか?
そんな方には、「カーシェアリング」という方法をおススメします。

「カーシェアリング」とは?


車
必要な時にだけ車をシェアすれば、余計な出費を抑えられるかもしれない
カーシェアリングとは、その文字の通り1台の自動車を共同で利用することができる形態のこと。利用者は自分では車を所有することはなく、必要な時に必要なだけ借りられるというシステムなので、会員制のレンタカーと言ったほうがいいかもしれません。

このシステムは、海外では早くからスタートしており、2006年末にはヨーロッパを中心に世界18カ国、600都市で約35万人が利用しているとも言われています。日本は、電車、地下鉄、バスなど交通網が発達しているので、海外に比べてカーシェアリングのニーズは低いと思いますが、首都圏を中心に少しずつですが、普及してきています。


カーシェアリングが普及したら・・・?


賃貸生活において、カーシェアリングを利用するイメージが最もしやすいのが、都市圏住宅地で駅から10分以上の場所。駐車場料金は1万~3万円程度と毎月駐車場を借りるも安くない。ちょっと買い物にいくにも、歩くには遠い。タクシーを拾うにも幹線まで、遠い。こういう人が、カーシェアリングに向いていると思います。ホントにたまに利用するだけならレンタカーをうまく使ったほうが安いでしょう。
都心部や駅近くに住んでいれば、電車とタクシーが経済的。実際に都心部のマンションでは駐車場に空きがでて、入居者以外に賃貸に出しているケースもみられます。
ガリバーのカーシェアリング(カーシェアメイト)で、一般の乗用車でコスト比較をしてみたところ、月20日間、1回1時間程度利用の場合、マイカーだと月額総コスト6万弱。それに対してカーシェアリングだと3万前後とマイカーの半分程度。車は所有すると、車両代だけでなく、保険料や税金、それに車検代もかかりますから、カーシェアリングしたほうが安いという結果です。

また、カーシェアリングが普及したら、環境にもやさしいと言われています。車の台数を減らすことは、CO2の排出削減や渋滞を緩和することに繋がります。環境にもお財布にもやさしい車生活が送れます。

>>>利用のメリットは?