メキシコで発生した新型インフルエンザ(H1N1)。世界的流行を指すパンデミックの状態となっています。新型インフルエンザに関連してなくなられた方も報告されています。 新型インフルエンザの特徴と予防法を分かりやすくご説明します。

新型インフルンザ(H1N1)の症状・危険性

警戒フェーズが引き上げられた新型インフルエンザ。パンデミック(集団感染)の危険性は……?

警戒フェーズが引き上げられた新型インフルエンザ。パンデミック(集団感染)の危険性は……?

新型インフルンザ(H1N1)の主な症状は以下の通り。Aソ連型と同じ型であるA型インフルエンザの一種なので、症状も冬に流行るインフルエンザと同じです。

  • 発熱(38℃以上)
  • 関節の痛み
  • 筋肉痛
  • 喉の痛み
  • 頭痛
  • 全身の倦怠感
  • 鼻水(鼻汁)または鼻づまり
症状から季節性インフルエンザと区別することはできません。ウイルス性肺炎から人工呼吸器を使用した報告や小児ではインフルエンザ脳症の報告もあります。特にウイルス性肺炎では命に関わることもあります。ウイルス性の心筋炎の疑いがある症例も報告されています。


「フェーズ6」に引き上げられ、世界的なバンデミック状態

最初に新型インフルエンザ騒動が起きた2009年5月時点では、新型ウイルスの発生源であるメキシコと周辺国の米国や他の国々での感染状況からWHO(世界保険機構)での警戒レベルはフェーズ5でした。2009年9月現在は、WHOでの警戒レベルは世界的なバンデミックを意味する「フェーズ6」に上がっています。

今すぐできる予防法

新型インフルンザ(H1N1)の予防法は、一般的なインフルエンザの予防法とまったく変わりません。
  • 使い捨てマスク(不織布マスク)
  • 手洗いの励行
  • アルコールによる手指消毒
手洗いに関してはアルコールを使った消毒も有効。外出先での使用を想定すると、個別包装のアルコール綿や、医療現場でも使用されている消毒用アルコールジェルもオススメです。

治療薬やワクチンはあるの?

幸いなことに、日本で用いられている抗インフルエンザ薬のタミフル、リレンザが有効とされており、この点は心配ありません。

一方、新型インフルエンザワクチンについては充分量が供給できません。優先的に接種する対象者を誰にすべきかが議論されています。年内にどのくらいの人に接種できるか未知数です。輸入ワクチンの治験が許可されましたが、日本で現在使われているワクチンと製法や成分が異なるので治験の結果が待たれます。

豚肉の安全性が気になる人は「新型インフルエンザと豚肉の安全性」もご覧ください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項