体にはまったく問題がないのに、家庭や職場などのストレスが引き金となって勃起しにくくなる心因性ED(勃起不全・勃起障害)で悩む男性は少なくありません。

EDのほとんどを占めるとみられる心因性タイプには、さまざまな原因があります。その中でも、意外と多いのが、パートナーの些細な言動が引き起こすストレスによるものです。

一方、EDの克服をより確かなものにするためには、パートナーとの連携が欠かせません。EDを招くときも、退けるときもパートナーが深く関わっているわけです。

今回は、ED治療のカギを握っているともいえるパートナーの役割を考えてみましょう。

心の傷を上手にいたわる

男性を奮い立たせるのは、パートナーの優しい心遣い

男性を奮い立たせるのは、パートナーの優しい心遣い

さまざまなストレスのために勃起できず、満足な性行為を営めなかったという不本意な経験を持つ男性は、そのことが原因で心因性EDになってしまうことがあります。

そういう男性は、リベンジを期した性行為の際にも「なんとか勃起させなければ」「今度こそうまく挿入しなければ」という焦りから、かえって勃起を難しくするという悪循環に陥りがちです。

そんなとき、パートナーから白けたそぶりを見せられたり、プライドを傷つけるような言葉を投げかけられたりすれば、たいていの男性は落ち込んでしまいます。

ただでさえ、性の営みに対して不安を抱えていたり、自信を失っていたりする男性にとって、追い討ちをかけるような言動は禁物。初期の心因性EDの改善には心の傷をいたわる、パートナーの優しい態度や言葉が何よりの励みになるのです。

あえて、勃たせない逆説的療法も

主としてメンタル面から、心因性EDを改善しようと提唱されているのが「ノン・エレクト法」と呼ばれる一種の心理療法です。

この治療法は、その名の通り「陰茎を勃起させない」ことを勧める逆説的な方法で、主に職場や家庭のストレスなどを原因とする心因性EDに有効とされています。

ノン・エレクト法は「勃起しなければ」というプレッシャーからの解放を目指しています。心因性EDの男性であっても「しなくてよいときに勃起することがある」というパラドックスを治療に利用したものです。

試みたすべての人に確実に効くとは限りませんが「勃たせる努力」ではなく「勃たせない訓練」をEDの克服につなげようとしている点でユニークな考え方だと思います。

治療に不可欠な理解と協力

ただ、ノン・エレクト法は男性の機能回復を目的としているため、男性の一方的な行為に終始しがちです。しかも、勃たせてはいけないという決まりがあるので、その時間が長引けば長引くほど、パートナーのフラストレーションを溜めることにもなりかねません。

どのような方法であれ、EDの治療には、パートナーの深い理解と温かい協力が不可欠です。決して男性だけで解決すべき問題ではありません。パートナーの理解と協力は治療時ばかりでなく、改善後の豊かな性生活を楽しむうえでも大切な要素となります。

つまり、ED治療の効果を高めるには、パートナーとの二人三脚がモノを言います。例えば「男性の悩みを共有し、話し合う」「スキンシップを楽しむ」「性に対して積極的に振る舞う」「生活環境を変える」といった試みは性生活の充実にも役立つはずです。

こうした働きかけばかりでなく、専門医を訪ねてバイアグラなどのED治療薬を処方してもらうとよいでしょう。心因性EDの場合は、より明らかな改善がみられるはずです。

時には、自分の快感にも正直に

満ち足りた気持ちを確かめるのに余計な言葉はいらない

満ち足りた気持ちを確かめるのに余計な言葉はいらない

豊かな性生活は2人で育み、楽しむものです。しかし、中にはパートナーのことを気にするあまり、肝心のED克服がおろそかになってしまう男性もいます。

自分本位でないことはよいのですが、パートナーのことを思いやる気持ちが強く出てしまう結果、ちゃんと快感を得ているだろうか、オルガズムには至ったのか、などということばかりを気にするタイプです。

最悪の場合、気持ちがパートナーのほうに向きすぎ、勃起機能に支障をきたすことにもなりかねません。相手のことを考えてあげるのは尊いですが、そのことでEDの克服が後回しになっては本末転倒です。

時には、心行くまで自分の快感に意識を集中させることが大切です。改善の効果は性行為を通じてパートナーにもよい影響を与えるからです。

>>ED克服を助ける!パートナーからの一言
>>ED治療はパートナーと一緒に受けるべき?
>>「性生活」の満足度が仕事に影響する?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。