不妊治療のための手術とは?

不妊治療では「手術」と聞いてイメージするような大きな手術はありません

不妊治療では「手術」と聞いてイメージするような大きな手術はありません

不妊治療施設の場合は、手術といわれるもののほとんどは高度生殖医療に関わるものです。人工授精、体外受精、顕微授精がそれにあたります。人工授精の場合は洗浄精子を注入するだけですので、手術と言っても一瞬で終わってしまう感じです。

体外受精と顕微授精は「採卵と胚移植」という2つの手技が必要ですので、技術を必要とする手術と言えるかと思います。


医療機関によっては婦人科を併設していて、腹腔鏡検査や腹腔鏡手術を行っているところもあります。不妊の原因となっている子宮内膜症やチョコレート嚢腫、子宮と腹膜が癒着している場合に、これらの方法が実施されます。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項