足やふくらはぎがむくんでだるくなる原因

OLの足元

むくんでしまった足を放置すると……

足のむくみの大きな原因の一つである「冷え」。特に冷房の中にいると、いつもより足がむくみやすくなります。これに加えて、立ちっぱなしや歩きすぎ、靴によるしめつけ、長時間同じ姿勢で座っているのもむくみの原因になります。これは血液やリンパの循環が妨げられ、血管の外に余分な組織液が貯まってしまうためです。

女性はもともと冷え性傾向の人が多く、むくみが起こりがち。夏は冷房が効いた室内にいることも多いので、冷えが悪化しさらにむくみやすくなってしまうと考えられます。

むくみは放置すると、疲れが取れにくくなったり、セルライトとなってしまう恐れがあるため、むくみを感じたら早めにケアすることが大切です。

足やせ効果も! むくみ・だるさを取る簡単マッサージ

それではむくみを取るにはどのような方法がよいのでしょうか? まず、簡単な方法としては、足を心臓より高くする足枕やお風呂などで足を温める足浴があります。足浴は血行の促進により老廃物が運ばれるため、むくみ解消効果が期待できるのです。

今回は、簡単にできる方法として、血行やリンパの流れを促進する「足の簡単マッサージ方法」をご紹介します。まずは床に座ります。片方のひざは伸ばし、もう片方のひざを曲げて、伸ばした足に乗せます。

 
1.足首回し
足の指の間に手をしっかり入れて、指の間を広げ、左右にゆっくり丁寧に回します。


 
2.足の指回し
足の指を1本づつ引っ張ります。次に1本づつ回します。


 
3.足裏の指圧
乗せている足を床におろします。両手の指で、足裏やふくらはぎを体重をかけて押します。

1日5分程度でも十分ですので、無理しない程度に始めてみてはいかがでしょうか? 特に、血行が良くなっている入浴後がおすすめです。むくみやだるさを解消することができると足痩せにも効果がありますよ。

ただし、これは一時的なむくみの話。むくみには他の病気が隠されていることもあるので、あまりにもひどかったり、むくんでいる箇所を押しても戻らない、倦怠感がひどいなどの症状があるときは受診をしましょう。詳しくは、「病のサイン?見逃してはいけない足のむくみ」や「顔色・むくみからわかる病気のサイン」をあわせてご覧下さい。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。