大豆製品と乳酸菌で乳がん予防?

大豆製品はなぜ乳がん予防になる?

豆乳や納豆などの大豆製品が乳がん予防になるのはナゼ?

最近の調査結果で、10~40代で大豆製品や乳酸菌を含む飲料を頻繁に取っていた女性は、その後の乳がん発症の危険性が低かったという報告がありました。(『サンアントニオ乳がんシンポジウム 2009』)

乳酸菌は発癌リスクを減らしたりがん予防に働くことが期待されており、ヨーロッパやアメリカでは、乳がん、大腸がん、膵がんなどの発症予防に役立つという報告もあります。詳しくご紹介しましょう。

お味噌汁は乳がん予防に効果的?

2003年、厚生労働省研究班が「お味噌汁を一日3杯以上飲むと乳がんの発生率が40%も下がる」というニュースを発表しました。これは大豆に含まれるイソフラボンによるものと考えられています。

イソフラボンは大豆に含まれるポリフェノール(フラボノイド)の一種のこと。「植物由来のエストロゲン」とも言われます。体内でエストロゲンと似た作用を持つので、閉経後の女性(=エストロゲン分泌が少なくなった状態)の骨粗鬆症や更年期障害、抗酸化作用を通じて動脈硬化予防などに効果があると言われています。