免疫力は、防衛力

疲れて免疫力が落ちていると,風邪等にもかかりやすくなります。

疲れて免疫力が落ちていると,風邪等にもかかりやすくなります。

免疫力は、人間の体に備わった生体防衛システムです。私たちは、インフルエンザ以外にも、様々な細菌やウイルスに囲まれていますが、わずかに体内に侵入しても、症状がでないのは、免疫システムが働いて守っているからです。他にも精神的なストレスや、環境から様々な刺激を受けています。

同じ環境にいても、ウイルスや細菌に感染する人もいれば感染しない人もいますが、これはそれぞれの免疫力の違いによります。お年寄りや小さな子どもが感染しやすいのは、健康な成人よりも免疫力が低いからです。また免疫システムが過剰に反応してしまうのが花粉症等のアレルギー症状です。

忙しくて休息がとれない、喫煙やストレスが多いなどの状態は、免疫力を低下させると言われています。

基本はバランスのとれた食事

では免疫システムが正常に働き、免疫力を発揮するために、食事の面ではどうすればよいのでしょうか。それは、当たり前のようですが、まずは栄養バランスのとれた食事が大切です。

健康を維持するために必要な栄養素は、糖質、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素。主にエネルギーとして使われるのは糖質と脂質、タンパク質、免疫細胞など体を作るにはタンパク質とミネラル、体の機能や免疫などの反応を調節するのに使われる酵素などの原料となるのはタンパク質、ビタミンです。

ダイエットでかたよった食事をしていると、栄養不足になったり、またエネルギーがたりずに体の深部の温度が下がってくると、免疫力も低下すると考えられていますから、気をつけましょう。

免疫に関わる栄養素や成分

ウイルスの侵入は、まず皮膚や粘膜というバリアで跳ね返されます。そのバリアを作るのは、体を構成したり免疫細胞をつくるタンパク質。そして皮膚や粘膜を保護するのがビタミンです。

免疫物質をつくるのに必要なビタミンB6や、葉酸、パントテン酸なども不足すると免疫力が低下する等、免疫力にかかわっています。最近では、ビタミンDの血中濃度が低下すると、風邪やインフルエンザなどにかかりやすいという報告もいくつか出ています。またミネラルの亜鉛は、免疫細胞の情報伝達物質と見られ、亜鉛不足は免疫不全になると考えられています。

腸内には免疫細胞が集まり、腸内環境を整えることは免疫力を発揮するためにも効果的です。腸内環境を整えるためには、食物繊維や乳酸菌を十分にとり、善玉菌を増やすことがポイントです。

また特定の乳酸菌や成分については、近年様々な研究報告があります。たとえばカスピ海ヨーグルトを食べることでインフルエンザの予防接種効果が向上したという研究報告や、海藻のネバネバ成分であるフコイダンがインフルエンザウイルスの感染を抑制するという報告もあります。

免疫作用を促進するファイトケミカル

野菜や果物、海藻などに含まれるファイトケミカル、中でもタマネギ、ニンニクなどのユリ科に多く含まれるイオウ化合物は、活性酸素から免疫細胞を守る作用が高いと言われています。

ミカンの色素成分β-クリプトキサンチンにも免疫効果を高め、感染症に対する抵抗力が上がることが愛媛大学らにより報告されました。夏ミカンやユズに含まれる香り成分オーラプテンにも同様の機能があるそうです。(2009.10.29農業新聞)

このようにしてみると、幅広い食品を食べることが大切というのも納得ですね。ただし、特定の食品についての研究報告があるとしても、食品としてどれだけ食べれば効果があるかはわからないものもあります。症状がでてからは、その人の体質や状態に応じて、必要な食べ物、食べ方も異なってきます。薬との飲み合わせもありますので、専門家の指示に従ってください。

もちろん、免疫力を発揮する上では、十分に休息をとったり、カラダが冷えないようにしたり、ストレスをうまく解消し、よく笑って前向きな心持ちでいることなど、食事以外の生活習慣やメンタル面も重要です。


■関連リンク
亜鉛と免疫
免疫がなくても有効!? インフルエンザにビタミンD

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項