風邪にマスク

風邪をひいたらマスク、というのが一般的で、マスクをしていると「風邪ですか?」とよく聞かれるものです。最近は中国などでSARS対策にマスクをしている風景がみられますが、もともとこれは日本独特の習慣らしく、海外などでは街中でマスクというのはあまり一般的ではないようです。

風邪をひいている時にマスクをするのは、気道や鼻腔粘膜の乾燥を防ぐ、まわりにバイ菌をまき散らさない、二次感染の予防くらいの効果です。それよりも周りが風邪を引いている時や、病院などの施設に行かなくてはいけない時に健康な人がするほうが役にたつと思うのです。今回はそのマスクにまつわるもろもろの事情について迫ってみましょう。

話題のN-95マスク

新型肺炎のニュースの中で、SARSウィルスを防ぐマスクとして業務用の「N-95」という製品が出回っています。もちろんその機能が証明されたものですが、日常生活で本当にこのマスクが必要なのでしょうか?こたえは「いいえ」です。

手術室の風景
このような環境で必要な業務用マスク
手術室などの細菌やウィルスなどをとり除いたきれいな空間で作業をする時や、劣悪な環境で作業をしなくてはならない時に作業にあたる人を守る為にはこのような製品は必要ですが、普通の日常空間ではここまでのフィルター効果があるマスクは機能が充分すぎる割に値段が高いという理由があります。

実際、私も装着してみた事があるのですが息苦しくて少し負荷のかかる作業をするとすぐに呼吸が苦しくなってしまいます。1個あたりも高価である上に使い捨てでコストも割高になります。それでも!という人には反対はしませんがちょっともったいないなと思ってしまうのです。

マスクの働きについて考えてみる

マスクの防御力はふつうの用途では、例えばインフルエンザで考えると飛沫感染の運び役である、細かな唾液程度がブロックされれば充分でしょう。そして、マスクをする事のポイントは「気道や鼻腔粘膜の乾燥を防ぐ事」だったり、意外な一面としては「汚れた手や指で鼻や口に触れる事が少なくなる」などの理由でおすすめです。

外出中に電車のつり革や手すり、みんなが触るドアノブなどを触った後にその手で鼻の周りを触ったり、手を洗う前に食べものを口に入れたりすると、それが病原菌を体内に侵入させてしまう原因の一つに考えられそうです。こうした動作というものは注意していても意外と自分でも意識しない所でしてしまっているかもしれません。マスクをしている事で、これらの無意識の動きによる病原菌の侵入から守る事ができるのです。

マスクの種類

レギュラータイプ
よくあるマスク
先ほどの「N-95」の他にもマスクにはいくつか種類があります。最近では花粉症対策用やインフルエンザウィルスをブロックする多機能な製品、かわいい絵柄をあしらったキャラクター製品などが売り場で目に付きます。今回の記事は性能比較なのでキャラクターモノは省略するとして大きく分けるとこんな感じでしょうか。
  • お財布にやさしいレギュラータイプ
  • 高価な高性能タイプ
  • 衛生的な使い捨てタイプ

ガイドおすすめの製品

使い捨てタイプ
経済性と衛生面でおすすめの使い捨てタイプ
それぞれ特徴がありますが、今回の風邪予防という目的のために選ぶとしたら、紙などでできたディスポ-ザブル(使い捨て)の製品がおすすめです。衛生面、コストの面で優れている事がおすすめのポイントです。もちろん綿でできている安価な普通のマスクを洗って使う事もできますが、使い捨てのマスクは洗う手間や機能の劣化もなく、それでいて綿製品のマスクとコストも変わらない印象です。

そして高性能の製品は、N-95でなくても説明してきているようによほど特別な環境での利用をのぞいて、通常は必要なさそうです。もちろん、花粉症対策など別の目的に使う場合には別ですが、今回の目的である風邪予防には少しもったいない感じです。高価だからという理由で使いまわしたりする方がデメリットが大きい事は、家庭の医学サイトの最近の記事にもあるとおりです。

100枚入りにチャレンジしてみよう

風邪が本格的に流行る冬に突入する前に、家族で予防をお考えなら100枚入りくらいの大きな製品をお求めになってもいいかもしれません。100枚ならひとりで毎日使っても4ヶ月程度で使う量です。大きい包装でお求めになれば鼻梁にフィットできる固定装置付き等のものも安価になるかもしれません。まずはお近くの薬局で相談してみてはいかがでしょうか。今から準備して風邪予防を考えてみましょう。


【関連リンク】
・関連記事
鼻洗浄で鼻スッキリ!風邪対策from AllAbout 薬について
お風呂が先、それともお食事?from AllAbout 薬について
風邪予防対策には手洗いをfrom AllAbout 家庭の医学
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項