点鼻薬の注意点

点鼻薬は、鼻以外には使わないでください。耳に使うものなど、容器が似ている場合もありますので、間違えないようにしてくださいね。

1回に何回も鼻の中に噴射する方がいらっしゃいますが、添付されている『使用上の注意』をご覧になり、使用量はきちんと守るようにしてください。

2週間以上連続して使っている場合は、しばらく使うのを休むか、医療機関を受診するようにしてください。

決められた用法容量以上の量を使ったり、連続使用していると、治すつもりが逆に副作用で粘膜が充血したり、副鼻腔炎を起こすことがあります。正しく使うようにしてくださいね。

点鼻薬でも大量に使うと全身作用が出ることがあります。高血圧、心疾患、糖尿病、甲状腺機能亢進症の方は、購入時や使用前に、医師や薬剤師に相談するようにしてください。

その他、友人から譲り受けた薬を使うのは避けましょう。特に処方せんが必要な薬に関しては、医師や薬剤師にきちんとご相談なさってください。

※私の友人が知人からもらった薬を使っていた危険な事例をご紹介しています。詳しくは、花粉症対策3 注意!薬の使い方についてをご覧ください!


お忙しかったり、症状が穏やかな場合は、近くのドラッグストアで市販の薬を購入することがあるかと思います。急いでいるかもしれませんが、特にはじめての薬を購入するときは、お店の薬剤師にご相談なさることをお勧めします。

*ネット上での診断・相談は診察ができないことから行えません。この記事は実際の薬局での会話をもとに構成したものです。相談が必要な方は、医師や薬剤師に実際にお聞きください。

【参考資料】OTCハンドブック
【関連リンク先】
初期からの花粉症対策(All About記事)
花粉症対策1 花粉症の仕組み(All About記事)
花粉情報サイト>環境庁
花粉症対策3 注意!薬の使い方について
なんでもランキング『マイベスト花粉症対策』(All About記事)
注意したい薬の飲み合わせ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項