花粉症、アレルギー、ハイガード…
All About 初期症状のうちに花粉症を乗り切る!>>
2007 花粉対策特集
花粉症の症状が出始めたら、つらくなる前に・・・初期のうちから始める、花粉症対策
もはや国民病ともいわれている花粉症。毎年花粉症に泣いている方も、今年は症状が軽いうちの早めの対策を心がけて、つらい季節を乗り切りたいですよね。
早めの対策が必要な理由、意外と気がつかない、併発の症状などをAll About「薬について」ガイド三上氏が紹介します。
ガイド
All About 「薬について」 ガイド:三上 彰貴子
健康維持・病気回復に大切な薬の基礎知識を紹介します。
初期症状のうちに始める理由とは?
人間の体には、花粉や埃、菌など、自分以外の異物が体内に入ると、白血球などが反応し異物と戦って外に排出しようとする免疫機能があります。このときに、白血球の一つである肥満細胞から、アレルギーの2大原因物質「ヒスタミン」や「ロイコトリエン」を放出します。放出された「ヒスタミン」や「ロイコトリエン」が、血管や知覚神経などを刺激して免疫反応を活発にするのですが、この反応が過剰だったりすぐに免疫機能がはたらいてしまうと、くしゃみ、鼻みず、鼻づまり、皮ふのはれ、かゆみなどのアレルギー症状を引き起こします。なかでも花粉が原因で起こるこれらの症状を「花粉症」といいます。

花粉症の症状が現れる時期は、花粉に対する感受性が関係しており、個人差があります。自分は花粉症ではないと安心していても、大量の花粉を浴び続けることで花粉に対する感受性が高まり、突然発症することもあります。
花粉症対策には、肥満細胞からヒスタミンやロイコトリエンが出てくるのを早い段階から抑えたり、すでに出てきてしまったこれら2大原因物質が血管や知覚神経を刺激するのを抑えることが重要になるのです。さらに、ロイコトリエンは、花粉に対して少量でも症状を発現させたり、アレルギー症状を重症化させるといわれています。
意外と気づかない、アレルギー症状とは?
花粉症の時期に重なるように、体がかゆくなったり、湿疹がでるといった経験はありませんか? これらの皮ふ症状も、アレルギー症状の1つかも知れません。

花粉症の方の半数以上が皮ふの症状も持っているといわれています。アレルギーの2大原因物質「ヒスタミン」や「ロイコトリエン」を放出する肥満細胞は皮ふにも存在します。アレルギーの原因である花粉によって、皮ふにある肥満細胞からもアレルギーの2大原因物質が放出されます。そのため、目、鼻、のどなどの粘膜だけではなく、皮ふも刺激され、かゆみや湿疹などのアレルギー症状が現れることがあります。特に、皮ふの弱いところに出ることがあり、これらのアレルギー性炎症は重症化や慢性化する心配もあります。

皮ふのアレルギー症状の場合には、ヒスタミンやロイコトリエンが粘膜や皮ふの細胞にくっつくのを防ぐだけでなく、その前の段階である、皮ふからヒスタミンやロイコトリエンが放出されること自体を抑えることが重要なポイントになってきます。
初期症状に効果的・つらくなる前に飲んで効く エーザイ 『ハイガード』
ハイガードは、医療用として使用されていた成分「塩酸アゼラスチン」を配合した花粉症を始めとするアレルギー症状のための薬です。厳しい審査を経て、今シーズンから薬局でも購入できるようになりました!

ハイガードは、肥満細胞からアレルギーの2大原因物質「ヒスタミン」や「ロイコトリエン」が放出されるのを抑えたり、これらの物質が皮ふや粘膜にくっついてアレルギー症状を起こさないように作用します。
ハイガード
花粉などに過敏に反応したり、アレルギー症状が重症化することを抑える働きもあるので、花粉症などの症状に効果を発揮します。花粉シーズンに入って症状が出始めてから、または症状の軽い早めのうちからの服用がより効果的です。
ハイガードは、花粉症による鼻の症状だけでなく、アレルギーによる皮ふのかゆみや湿疹にも効果があり、これらのアレルギー性炎症の重症化、慢性化を抑えます。
小さくて服用しやすい糖衣錠、1日2回、朝食後と就寝前の服用です。詳しくは、薬局の薬剤師に花粉症のお薬「ハイガード」についてご相談の上、購入してください。
なお、鼻炎の症状に使う場合は1週間、皮ふの症状に用いる場合は3日間を目安に服用して、改善が見られない場合は、薬剤師に相談するか、もしくは医療機関を受診してくださいね。
エーザイ「ハイガード」の詳細はこちら
アレルギー動画劇場はこちら

提供: エーザイ株式会社
掲載期間:2007年1月29日〜3月28日 【PR】
ご意見・ご感想をお寄せ下さい。
 
※All Aboutのアンケートは締め切りました。ご協力いただき、誠にありがとうございました。
個人情報の変更・削除等のご依頼、その他、アンケートに関するお問い合わせにつきましては、
プライバシーポリシーをご確認の上、お申し出ください。
ヘルプ&インフォメーション会社概要投資家情報ガイドへの仕事・取材依頼プライバシーポリシー著作権・商標・免責事項
Copyright(c) 2001-2017 All About, Inc. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。